サッカーのお話

桜スタジアム寄付金推移記録  

 
s_k_12.jpg 

キンチョウスタジアム(長居球技場)を大改修するプロジェクト、桜スタジアムプロジェクトの寄付金の状況をまとめました。
今後、他でも寄付によるスタジアム建設が続くこともあるかと思いますが、そのためのデータとして記録に残しておきます。
なお、最新の数字は桜スタジアムプロジェクトのHPに載っていますので、そちらを参考にしてください。


桜スタジアム寄付金目標額:66億円

日付 累計目標 現在 法人 個人 単月合計
20170501 183,333,333 329,381,447 311,800,000 17,581,447 329,381,447
20170601 366,666,667 336,104,041 312,000,000 24,104,041 6,722,594
20170701 550,000,000 346,308,925 315,350,000 30,958,925 10,204,884
20170801 733,333,333 352,041,306 315,450,000 36,591,306 5,732,381
20170901 916,666,667 356,555,940 315,950,000 40,605,940 4,514,634



単月増分の推移

日付 法人単月増分 個人単月増分 単月目標 単月合計
20170501 311,800,000 17,581,447 183,333,333 329,381,447
20170601 200,000 6,522,594 183,333,333 6,722,594
20170701 3,350,000 6,854,884 183,333,333 10,204,884
20170801 100,000 5,632,381 183,333,333 5,732,381
20170901 500,000 4,014,634 183,333,333 4,514,634


※数字は累計の値。「単月合計」は「現在の総額」の先月からの増分





2017年度)
【桜スタジアム建設募金団体】募金活動のご報告(4月度)
【桜スタジアム建設募金団体】募金活動のご報告(5月度)
【桜スタジアム建設募金団体】募金活動のご報告(6月度)
募金活動のご報告(2017年7月度)
募金活動のご報告(2017年8月度)
スポンサーサイト
s_k_12.jpg


【桜スタジアム構想など4件選定】スタジアム・アリーナ改革推進事業、1期公募の採択先決まる:日刊建設工業新聞ブログ

 同事業で支援を受けるのは▽大阪市▽大津商工会議所▽筑波大学▽浦建築研究所-の4者。大阪市は「大阪市スタジアム・アリーナ官民連携検討会議」を設け、サッカーJリーグ・セレッソ大阪の本拠地「キンチョウスタジアム」(長居球技場、大阪市東住吉区)の改修プロジェクト(桜スタジアムプロジェクト)で、事業計画の策定を進める。

本日の日刊建設工業ブログに上のような記事が出ていました。
スタジアム・アリーナ改革推進推進事業とは何かと言うと、春の国会で決まった地域未来投資促進法案に絡んだ政策の1つで、スタジアムやアリーナといった箱を作る時、箱を作ることを目的にするのではなく、いかに稼げる箱にするかを支援する政策です。要はスタジアムというハードだけでなく、周辺地域も含めた事業計画というソフト面込みでの支援ですね。
安倍内閣の肝いりで始まった政策の最初のモデル事業であり、同時に採択された他の案件と比べても露出が高い案件なだけに、バックアップもかなりあると思われます。

未来投資会議(第6回)について
こちらは以前書いた記事。この時に次の記事のリンクを貼りました。

スタジアムの地域拠点化 37年までに20カ所 未来投資会議で提示:産経新聞
音楽イベントなども行えるよう施設を多機能化することや、スマートフォンを使った観戦中の食事注文など、ITで来客満足度を高めることなども想定している。

単なるスタジアムという箱だけでなく、中でどんなことをするのか、そのために必要な施設・機材は、という部分にも踏み込むことが示唆されています。こういった国や専門家が抱えている、スタジアム建設側が考えてもいない技術・アイデアを取り込むことができる可能性があり、面白くなりそうな匂いがします。

企業立地促進法の一部を改正する法律案
こちらも以前書いた記事です。設備投資減税などの優遇措置や資金調達の話など、財政・金融面での支援もあるようで、財政面でもメリットがありそうです。


公募型企画競争方式(プロポーザル方式)発注案件(大阪市スタジアム・アリーナ改革事業計画策定支援業務委託)
ちなみに今日の記事にある「大阪市スタジアム・アリーナ官民連携検討会議」ですが、今年の6月に大阪市からこんな募集がされていました。これによると、国が定めたスタジアム・アリーナ改革指針に沿うように大阪市スタジアム・アリーナ改革事業計画を作るようで、それ絡みの会議なんでしょう。3月にもPFI絡みの話が大阪市会であった(議事録に載っています)ようで、色々動いてそうです。

米澤令衣選手、期限付き移籍からの復帰  

米澤令衣選手 レノファ山口FCへの期限付き移籍終了のお知らせ

9/10にレノファ山口に期限付き移籍となっていた米澤令衣が復帰となりました。
元々上野監督が山口に呼んだ選手で、監督が代わったことで出場機会を失い、試合に出るために戻るという選択をしたようです。

思ったのは、既に移籍ウインドが閉まっているのに、登録できるの?という部分。
追加登録の期限は9/15ですが、このまま登録されたら「レンタル移籍からの復帰は移籍扱いじゃない」ということなんでしょうね。まぁ育成型での再レンタルが滑り込みであるのかもしれませんが(背番号が決まってたり、コメント見る限りはそれはなさそうですが。

※9/13追記
[C大阪]C大阪に復帰した米澤令衣。本人が語る“足りなかったもの”とは?
Blogolaの記事によると、育成型期限付き移籍だった模様。それはそれでリリースに問題があるような…w

ティーラトン・ブンマタンのセレッソ入りの噂  

เซเรโซ โอซาก้า เดินหน้าเร่งคว้าตัว อุ้ม ธีราทร ไปร่วมทีม ในฤดูกาลหน้า | 11-09-2017


まさかのYoutube発信のニュース。タイ語でさっぱりわかりませんw

というわけで、タイトルを訳すと、ムアントンユナイテッド所属のティーラトン・ブンマタンのセレッソ入りの噂が出ているようです。タイ代表にはティーラシン・デーンダー(Teerasil Dangda)というFWもいて同じムアントンでプレーしているので、ごっちゃになるかもしれないので注意。

transfermrkt:Theerathon Bunmathan
ティーラトン・ブンマタン(Theerathon Bunmathan)はタイ代表キャプテンの左SB。一部ではタイの俊輔なんて言われてます。ただ、左SBだけでなく2列目左や左ウイングなど、左サイドなら前から後ろまで全部できるようです。攻撃的MFとして中央の時もある模様。

身長172cm27歳の左利きで、ブリーラムからムアントンに移籍して2年目。2020年末まで契約があります。
2012年から連続でACLに出ていて、2012柏、2013仙台(1アシスト)、2014セレッソ(1ゴール:FK)、2015G大阪(2ゴール:FK/CK直接)、2016広島、2017l鹿島(1ゴール:FK 1アシスト)と、Jクラブに対して結果を残しています。この辺りの試合のビデオでいろいろ判断できそうです。



特徴はその左足。2015年のACLガンバ大阪戦ではFKとCKを直接決めたりもしています。
ルーレットからのルーレット!タイ代表DFがACLでやった“美技”がスゴいぞ
足元のテクニックはありそうです。

今冬、Jリーグにやって来そうな外国人選手10人(アジア枠編):Qoly 2015/11/22
この辺りも参考に。

セレッソ側の事情としては、タイにヤンマーの会長の作ったアカデミーがあり、バンコクグラスとの提携などもあって、東南アジア方面との結びつきが強いです(先日もマレーシアのクラブとの関係も漏れ聞こえていましたね)。また、タイはJの提携国なので5人の外国人保有枠にはカウントされず、その点もメリットがあります。クラブ戦略的に十分あり得る話ではあります。ACLに出た場合のタイ方面の情報も期待できるでしょうしね。



ただ7/17にこのような磐田との話もあったりして、まだまだどうなるか不明です。個人的には、ACLに出れるかどうかが関係しそうな気も。

※9/15追記
C大阪、タイの「悪魔の左足」ティーラトン獲得検討
複数のタイメディアが報じ、C大阪幹部も「調査している段階」と認めた。
13日の報道ではセレッソ側も調査段階と認めているようです。

Sau 'Messi Jay', Thái Lan có cầu thủ thứ 2 sang J.League thi đấu
Google翻訳Sau 'Messi Jay', Thái Lan có cầu thủ thứ 2 sang J.League thi đấu
一方、こちらの報道では
・セレッソとムアントンが合意
・移籍に関する手続きで今週来日
・順調なら9/16にデビュー
となっています。ただ、他クラブに所属している選手は8月に登録期間が終わっていて、選手登録できません。
しかも、よく見てみると、この記事はベトナムのメディア。適当やなぁw



こちらはティーラトンのエージェントのアカウント。正式オファーはまだとのことで、日本初の記事の「調査段階」というのは合ってそうです。今日明日ぐらいにベトナムの記事を元にして「合意した」という話が出てくるかもしれませんが、こういう経緯があることを頭に入れておきましょうw

※9/21追記
Lima Pemain Thailand Bakal Susul Chanathip Songkrasin Ke J.League
こちらの記事では、Jリーグのスタッフであるヤマモトケイイチなる人物が、来季はタイから5人の選手が行く可能性があるとの話をしています。その中にティーラトンとティーラシンの名前もあり、この2人はJ1、他は若手でJ2に行く可能性があるという話のようです。同様の話は違うサイトにもあり、拡散されているようです。真偽は不明ですが、後で答え合わせしたい所w


都市公園法第5条3項について  

ここのところ、維新信者と反維新信者の間で、2015年10月に開業した天王寺公園のてんしばのようなPFI事業についての是非が問われているようです。内容を見ていると、公共財産である公園に資本が入っているのはいかがなものかというもの。
上記意見の根拠の一つとして、都市公園法の次の記載があるようです。

あ、最初に言っておきますが、私は維新信者ではありません。どっちかという嫌いな方です。ただ、ここではスタジアムの建設・管理におけるPFI事業という観点から見ていきます。

都市公園法
第5条3項
公園管理者以外の者が公園施設を設け、又は管理する期間は、十年をこえることができない。これを更新するときの期間についても、同様とする。

てんしばの契約は20年。ここが問題になるというものです。ただ、以下の資料があります

大阪城公園観光拠点特区(申請書別表・規制の特例措置等の提案書等)への各府省からの意見について
公園管理者以外の者による公園施設の設置管理許可については、長くとも10年を超えることができないものとされているが、これは、同一の私人に対して途中で何らの手続もさせずに余りにも長期間にわたる許可をすると、その関係が不明確になるおそれや、当該私人が公園を私物化するおそれ等があるため、法令上規定されているものである。しかし、民設の飲食店や売店等の建築物のように、事実上10年を超えて設置・管理される公園施設は多く存在しており、これらは10年ごとの許可の更新によって対応している。

Googleの検索結果のタイムスタンプから見ると、これは2011年の資料。この見解から行くと、更新込みで最長10年というようにも読める上記の条文は、1回の管理が最大10年、更新も最大10年毎という話な気が。てんしばのような契約はPFI事業全体の契約が20年で、施設の指定管理は10年以内で更新ということな気がします。実際、5年毎に見直しなんて話もあるようで、その辺りはクリアになってそうです。

ちなみにキンチョウスタジアムの場合、建設については建てた後に持ち主である市に寄付していることから、法律上の持ち主は市になっており、10年云々は関係ない気がします。問題になるのはあくまで管理の方ですね。ただ、この見解ならば、そちらも違法・脱法とまではいかなそうです。



あと、これとは別件ですが、3月の大阪市会の議事録を見ていると、やはり長居でもPFI的手法の検討はされてるみたいですね。どうなりますか。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Tag

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム