サッカーのお話

ゴイコ・カチャルに関する情報まとめ  

さて、ゴイコ・カチャル。
彼はドイツブンデスリーガのハンブルガーSV(以降HSVと表記)から
レンタルでセレッソに来ていました。
現在W杯中断期間中ですが、あちらはシーズンが終わったところ。
色々選手の入れ替えが始まろうとしてます。
というわけで、現地報道を漁ってHSVの状況を調べてみました。
ちなみに私はHSVもブンデスも全然詳しくないので、
間違ってることも多々あります。
それを念頭に読んでください。



【現在の状況】
まずはこの現地紙の記事をあげておきます。
http://www.mopo.de/hsv/wer-bleibt--wer-geht--der-grosse-hsv-kadercheck,5067038,27197852,item,1.html
ここに現地メディアの示す各選手の動向があります。
カチャルの動向についてはこの部分に書いています

Gojko Kacar (27): Der Serbe kehrt aus Osaka zunächst zurück.
Die Japaner wollen die Leihe allerdings um sechs Monate verlängern.
Tendenz: Kacar wird für den HSV in der kommenden Saison nicht auflaufen. Vertrag bis 2015

Google翻訳で英語に変換するとこうなります

Gojko Kacar (27): The Serb returns from Osaka back first.
The Japanese, however, want to extend by six months the loan.
Trend: Kacar will not accrue for HSV in the coming season. Contract until 2015

ここまで来ると大体意味はわかるでしょうか。
日本語にするとこんな感じ?

Gojko Kacar(27):セルビア人はまず大阪から戻って復帰します。
しかし、日本側は6ヶ月のローン延長を希望しています。
動向:Kacarは、次のシーズンにHSVのためにピッチに入らないだろう。契約2015まで、


セレッソは6ヶ月のレンタル延長を希望しているとのこと。
記事ではHSVに残らない方向と読めますが、HSV側はどうするのか。
このエントリではこのHSVから見た状況を書いていきます。

なお、カチャルについては5/31朝の段階でこの記事以上の情報はありません。
・(一旦)レンタルで戻ってくるよ(でも、延長の依頼が来てるよ)
・延長依頼があるよ(でもどうするか決まってないよ)
と、括弧の中が抜け落ちた情報が時々出回ってますがw


さて、HSV。ここは現在かなり特殊な状況です。
そのため、戦力として必要とされているかだけでなく、
様々な要因を把握しないと、動向が読めません。
要因としては
・クラブの負債と再建策の承認について
・カチャルの高額年俸
・HSVの選手構成について
この辺りでしょうか。



【HSVの負債と再建策の承認について】

まず前提として、HSVは大きな問題があります。
それは、1億ユーロ(140億円↑)を超えたという負債。
クラブライセンスにも関わってくるため、なんとかしないといけません。

このため、再建プログラムとしてHSV Plusという
再建策を策定し、総会での承認を得る必要があります。

HSV Plusは簡単にいうと分社化と株式売買と、その他もろもろ。
一応詳細はこちら(ドイツ語のPDFなので、読み飛ばしていいです)。
http://www.hsv.de/fileadmin/redaktion/Verein/Mitgliederversammlung/2014/Tagesordnung.pdf
http://www.hsv.de/fileadmin/redaktion/Verein/Mitgliederversammlung/2014/Zusammenstellung_Antraege.pdf


これが通らないと、再建策の練り直しとかで予算も確定しないだろうし、
その場合の新規選手獲得は誰が決めるのかといった実務上の問題もあるかもしれません

この再建策、5/25日に総会が行われ承認されたようです。
また、これを受けてか2014/15シーズンのクラブライセンスも無事通ったようです。
というわけで、早速選手獲得について動きがありました。

ブンデスリーガ2部SpVggグロイター・フュルトのZoltan Stieber。
入れ替え戦でHSVが対戦した相手の所属選手です。
左サイドの攻撃的MFで、監査役会が承認したとの記事がありました。
http://www.mopo.de/hsv/hsv-neuzugang-fluegelflitzer-zoltan-stieber-im-anmarsch-,5067038,27241724.html
多分選手については大きなお金が動くので
監査役会が承認するというプロセスを踏むようです。
このように、移籍についても動き出したので、
カチャルについても何らかの動きが出始めると思っています。
ただ、強化担当がそのままでいいのか?
とか懸案はまだまだ残っているようですが(苦笑)

また、予算を減らす必要があるという側面もあります。
http://www.goal.com/de/news/827/bundesliga/2014/05/30/4850143/baustelle-hamburger-sv-poker-um-beiersdorfer-wird-zur
ここによると、現在の4300-3800万ユーロの予算から減らす必要があるとのこと。
具体的には、高い選手を売って、安い選手に入れ替えるということ。
HSVには高額選手が結構います。ではカチャルはどうなのか。


【カチャルの年俸について】
HSVは今大きな負債を抱えていることもあり、
高価な選手は売ってしまいたいという思惑があります。
そして、カチャルは結構お高い。
ここ数年怪我であまり出ていないのもあり、数年前から売ろうとしていましたが、
なかなか成立せずにセレッソにレンタルする形となりました。
数字はちょっと覚えていませんが、年俸は100万ユーロを超えていたはず。
HSVに来たときは500万ユーロ以上で移籍したため、
買い取り価格もその値段をベースとしているでしょう。
単純に500万ユーロなら7億円ぐらい。フォルランよりお高いです。とても手がでません。

複数年契約のため高額年俸という状況は今も同じで、
これを負担に思っているHSVは売りたいことは確か。
契約が2015/6末までなので、欧州に売るならこのタイミングがベスト。

基本、欧州では複数年契約を結び、
残り1年となったタイミングで売ることで移籍金を回収する
といったビジネスモデルになっています。
そういう意味では、カチャルはこの夏がその時期になります。
そして、半年後だと欧州のクラブの移籍枠はそんなにありません。
そういう意味では、この夏がお金を回収するラストチャンスともいえます。


考え方としては
・年俸がきついので売りたいor契約金をとにかく回収したい
・他の補強の動向を見つつ薄いポジションにカチャルがはまるなら残留
・ある程度動けることがわかったので、戦力として必要
・レンタルで当面の年俸分を回収する
などありますが、どのレベルなのか。
新体制がどう判断するかです。



【HSVの選手構成について】
この項目では、HSVで戦力面でカチャルが入る余地があるのか、
HSVにとって必要なのかといった視点で見ていきます。
彼はいろんなポジションができますが、
まずは2013/14シーズンで一番起用の多かった
守備的MFとしての可能性を探っていきます。

HSVの選手のリストがここにあります。
http://www.transfermarkt.co.uk/hamburger-sv/startseite/verein/41/saison_id/2013

馴染みのないチームなのでわかりにくいでしょうから、
守備的MF起用されていた選手をリストアップしてみます。
リーグ戦過去15試合の起用回数です。

 6番:2試合(先発2試合)
 8番:7試合(先発3試合)
 14番:11試合(先発11試合)
 18番:13試合(先発10試合)
 37番:4試合(先発2試合)

14番と18番がファーストチョイス、次に8番37番。
このうち、8番と37番は契約が切れて更新なし、
6番のOuasim Bouyはユベントスからレンタル移籍できています。
6番については契約が切れて、おそらく非更新との話があります。

この15試合以前には19/31/10/9が途中出場しています。
http://www.transfermarkt.co.uk/hamburger-sv/kadernachposition/verein/41
を見ると19/9がその役割を出来る可能性がありそう。
ただ、9番のCalhanogluはもっと前目の選手なんで、
あまり考えないほうがいいでしょう。
そもそもよそが取りたがってるみたいですし。
19番については基本左サイドで起用されていて、守備的MFもできるようです。
ただ、真ん中ではあまり起用されていません。

そしてここにきて14番Milan Badeljにアトレティコ・マドリードが乗り出してきたという話。
http://www.bild.de/sport/fussball/1-bundesliga/poker-um-matthias-ostrzolek-36186790.bild.html
500万ユーロの値段がつくらしく、予算削減の方針であることから、
成立する可能性もあります。

http://www.bild.de/sport/fussball/milan-badelj/weg-vom-hsv-36199280.bild.html
ビルドのこの記事によると、このオファーを受けて
彼は150万ユーロ→210万ユーロの昇給を要求しているとかで、超強気です。
さて、クラブはどう判断するのか。



っと、忘れてました。レンタル復帰組もいます。
ヘルタにレンタルしていたPer Ciljan Skjelbred(CM)、そしてカチャルが復帰します。
Per Ciljan Skjelbred
http://www.transfermarkt.co.uk/per-ciljan-skjelbred/profil/spieler/18918
Skjelbredについてはヘルタは買取の方向で交渉中です。
カチャルについてはレンタル延長を希望していますが、とりあえずおいときます。


獲得交渉中と噂のあるのはFC Hansa Rostock U19所属の
Max Christiansen、17歳。
http://www.borlife.de/33610-hamburger-sv-max-christiansen-von-hansa-rostock-auf-dem-zettel
http://www.transfermarkt.co.uk/max-christiansen/profil/spieler/192300
6末で契約が切れ、移籍金がかかりません。
17歳ですが、後述するCBのTah(当時17歳)がシーズン頭から使われていた実績もあるし、
案外使うのかもしれません。



整理すると、来期は今のところ18番・17歳に、
14番が残るかレンタル組2人が残るかと言った情勢。
あとは他からコンバートするかどうか。
ただ、他ポジションの補強候補にここができる選手もいるので、それ次第な面も。


この状況を踏まえると、
カチャルは残して使う可能性もありそうです。
セレッソに来る前にほとんど使われていないという経緯はありますが、
今の監督はカチャルがセレッソに来た後に就任しています。
手元に置いて見てみたいという考えもあるかもしれません。

ただ、現状の補強は完全移籍がメイン。
レンタルでここの補充をする考えだと、もう少し後に出てくる話でしょう。
実際、カチャルの他からの引き合いは噂にも上がっていません。
となると、他の選手の動向を見てレンタル延長を考える
というストーリーが現実的でしょうか。


次にその他のポジションについての現状を書いておきます。

・FW
このポジションはカチャルとはあんまり関係なさそうですが、一応w

まずチーム得点王、20番のLasogga。入れ替え戦でゴールした選手です。
http://www.transfermarkt.co.uk/pierre-michel-lasogga/profil/spieler/73013
彼はレンタル復帰でヘルタへ戻るのが規定路線。
ただ、プレミアから引き合いがあるらしく、どちらにしてもHSVには分が悪いです。

代わりのFWにはギリシャ人でセルティック所属のサマラス獲得に動いているとの噂
http://www.fussballtransfers.com/bundesliga/gerucht-aus-griechenland-hsv-bietet-fur-samaras_45130
このサマラス、W杯で日本と対戦するギリシャのサマラスです。

また、シャルケからFC Ingolstadt 04にレンタル移籍していて、
今度シャルケに戻ってくるFW、Philipp Hofmann (21)とも交渉中。
http://www.mopo.de/hsv/kommt-hofmann--sunderland-ist-heiss-auf-hsv-verteidiger-mancienne,5067038,27267402.html
http://www.transfermarkt.co.uk/philipp-hofmann/profil/spieler/119037

彼についてはシャルケに復帰が発表されていますが、
http://www.kicker-japan.com/2014/05/transfermarkt.html
この記事によると例外条項があるらしく、他のクラブが関心を示しているとか。
ただ、予算削減なチーム状況でどこまで競ることができるか。


HSVからレンタルしていた選手としては、
Hannover 96にレンタルしていたArtjoms Rudnevsが返却。
http://www.transfermarkt.co.uk/artjoms-rudnevs/profil/spieler/103547
ただ、Lasoggaの得点13点に比べると、Rudnevsの4点は見劣りします。




・攻撃的MF
守備的MF以外でカチャルの出る可能性が高いのはここ。
過去の出場試合をみると、ここで出ている試合もあります。

まず若手の期待の星、9番のCalhanoglu。
http://www.transfermarkt.co.uk/hakan-calhanoglu/profil/spieler/126414
攻撃的MFとして今年ブレークした20歳です。
得点はチーム2位の11点と、立派な数字。
ただ、特別な条項なしで2018年までの契約延長をしたのに、
ここにきてクラブに移籍を要求したらしく、揉めています。
実際レバークーゼンなど他のクラブから狙われていますが、
多額の移籍金がかかります。
HSV的には出したくないようですが、
本人がゴネて他がその金額を支払うなら成立するかもしれません。
もし出て行くようなら収入的には凄い事になります。
負債を減らすという面では、かなり貢献できることになります。

レアルでもプレーしていたオランダ代表のファンデルファールト。
http://www.transfermarkt.co.uk/rafael-van-der-vaart/profil/spieler/4192
彼はチームでもトップクラスの年俸。当然整理対象になります。
何やらクラブ関係者とお別れをしたという噂もあり、
出て行く方向なんでしょうか?



レンタル組では25番Ola John(LW)・6番Ouasim Bouy(CM)が所属元に復帰。
Ola John(LW)
http://www.transfermarkt.co.uk/ola-john/profil/spieler/124550
Ouasim Bouy(CM)
http://www.transfermarkt.co.uk/ouasim-bouy/profil/spieler/126412

MFの既存選手の動向はこんなところ。
Calhanogluとファンデルファールトは動向が読めません。
ただ、ここが出て行くようなら、攻撃に特化したアタッカーが必要で、
カチャルはできなくはないですが、少し違う気がします。



ここからは加入選手の話。

先日、Zoltan Stieber(左の攻撃的MF)の加入が決定したようです。
http://www.transfermarkt.co.uk/zoltan-stieber/profil/spieler/61591
上で書いた選手です。

また、右サイド(2列目・SB)やCBができるウエストハムのギー・デメルを
ターゲットにしたとの噂
http://sportbild.bild.de/fussball/2014/fussball/demel-will-zum-hsv-lukaku-zum-bvb-36170374.sport.html
http://www.transfermarkt.co.uk/guy-demel/profil/spieler/1368
彼は元HSVの選手で、来るとすれば復帰となります。

カチャルが争うならこの2人のポジションでしょうか。
Stieberは加入が確定していて、デメルは未確定。
補強としてこの辺りの名前があがっていることから、
補強の優先順位はここが上位。




・DF
まず出て行く選手から。
レンタルでHSVにきていた5番Johan Djourou(CB)がアーセナルに復帰。
ただ、彼はHSVに完全移籍になる模様。
http://www.transfermarkt.co.uk/johan-djourou/profil/spieler/34561

そしてシャルケにレンタルしていたDennis Aogo(LB)がHSVに復帰も、
シャルケに完全移籍となる模様。
http://www.transfermarkt.co.uk/dennis-aogo/profil/spieler/19354
レンタル関連は数の面では差し引きゼロです。


また、3番Michael Ian Mancienneにサンダーランドが興味とのこと。
http://www.ftbpro.com/posts/richard.bell/964571/sunderland-leading-premier-league-chase-for-hamburg-defender-michael-mancienne
彼はCBですが守備的MFもでき、カチャルの動向にも影響してきそうです。
まだ噂の段階のようですが、どうなるか。

28番Jonathan Glao Tahにリバプールが興味との話。
http://www.tribalfootball.com/articles/liverpool-make-second-bid-hamburg-defender-jonathan-tah-4021948#.U4cfB_l_u4o
こちらはやや古い話なので、まだ生きてる話なのか不明。
半月前の話だけど続報がないということは、流れたんでしょうかね。

ちなみに元記事はビルドみたいですけど、
昨夜の段階でのビルドの記事では特に触れられていません。
http://www.bild.de/sport/fussball/jonathanglaotah/ein-talent-am-scheideweg-36199284.bild.html

むしろ、後半戦あまり出ていないけどスポーツディレクターが「期待している」といってます。


逆に加入の話としては、現状出てきている話としては
FC AugsburgのMatthias Ostrzolekと交渉しているようです。
http://www.mopo.de/hsv/ostrzolek-soll-kommen-was-wird-jetzt-aus-hsv-verteidiger-jansen-,5067038,27264530.html
http://www.transfermarkt.co.uk/matthias-ostrzolek/profil/spieler/53669
Ostrzolekは左SBの選手。
相手が代わりの選手を取れればという話もありますが、
かなり具体的な話になっているようです。

左SBの選手を取ると言う事で、
そこをやっていた選手が余る事になります。
左SBは2013/14シーズンで19番(LM/DM/CM)7番(LB/LM/LW)4番(CB/LB/RB)
で回していたので、全員残るなら誰かが他のポジションに
移る可能性があるということになります。

ここで出て行くのでは?といわれているのが7番Marcell Jansen28歳。
記事は上のOstrzolekがソースです。
http://www.transfermarkt.co.uk/marcell-jansen/profil/spieler/16624
Market valueも528万ユーロと高額。
2015/6末までの契約で、売るなら今ではあります。
予算の削減という意味では、真っ先にここを補強しにいっているのが
なんとなくそうなのかなぁと。

あとはMFのところで書いたギー・デメルはRB/CBをできます。


現状、選手の入れ替えはあっても、数的には現状維持。
あとは3番28番がどうなるか。
出て行くならレンタルで補充するか、安い選手を探してくるか。
ただ、カチャル基準で考えると、ここはだぶつく可能性もあり、
残す残さないの判断はこのポジション基準ではなさそうな気も。



・GK
ここは明らかに関係ないけど、一応さらっと。

GKは新人Alexander Brunst-Zöllnerを獲得確定。
http://www.hsv.de/teams/meldungen/bundesliga/2014/mai/alexander-brunst-zoellner-unterschreibt-profi-vertrag/#top
http://www.kicker-japan.com/2014/05/neuhaus-hoert-auf-brunst-zoellner-rueckt-nach.html
36歳のスウェン・ノイハウスが引退して、第3GKは彼になるとのこと。




さて、ここまでが現状のHSVの状況です。
翻訳が間違ってたり、私の主観が入っている部分が当然ありますので、
大体の情報にはソースがあるので、そちらを当たって色々確認してみてください。
もしくは選手名から検索とか。選手名がわからない場合は
http://www.transfermarkt.co.uk/hamburger-sv/startseite/verein/41/saison_id/2013
これを見てください。

また、誰がどの役割をできるのかという情報を見るには
http://www.transfermarkt.co.uk/hamburger-sv/kadernachposition/verein/41
こちらを見てください。
ある程度把握できると思います。

さて、ここまで調べた情報をまとめというか列挙してみましたが、
これらの状況を踏まえた上で新しい情報が出てきたときの
判断基準にはなるんじゃないでしょうか。
議論のベースにでもなれば幸いです。
スポンサーサイト

1次情報確認のススメ。  

最近、マスコミの情報は結構間違っていることがあります。
それは書いている記者や編集者の意思が介在して、
バイアスがかかっていることがあるから。
特に政治関連なんかそうですよね。
ってことで、1次ソースを辿るという作業をすることがあると思います。

サッカー界も同じで、特に移籍情報なんかは
ソースを辿ってみると全然違う意味の内容が書いてあることがあります。
それは翻訳ミスや背景を知らない人が記事を書いたからというのもありますが、
思い込みで書いた記事もあるからです、
だったら、最初からその1次ソースを見ればいいよねとw

サッカーでこういう移籍情報を探す場合、
外国人選手とか外国人監督だったらどこを見ればいいか。
当然、そういった人の要る国の記事になりますよね。
昔なら現地で新聞やテレビ・ラジオを見ないとダメでしたが
今は日本にいてネットで調べられます。
いやぁ、いい時代になりましたw

というわけで、このエントリーでは、そういった情報の1次ソースの仕入れ方とかノウハウについて
軽く触れようと思います。



【情報の集め方】

私の情報の集め方は、
①Googleでキーワードを入れて24時間以内のニュースを検索
②Twitterでキーワードを入れて検索
といったやり方がメインです。
あとは検索して引っかかった内容を精査してます。


【翻訳について】
基本、翻訳サイトに任せています。
WindowsではChromeというブラウザだと、
右クリックでページ全体を日本語に翻訳するコマンドが選択できます。
TwitterだとJanetterを使えば選択文字を翻訳できます。

ただ、細かいニュアンスについてはうまく訳せないこともしばしば。
そういう時は、一旦英語に変換してから日本語にしたり、
単語・熟語をネットに転がっている辞書で調べたりしています。
それでも知らない言語とかではわからない時もありますが・・・w


【情報の真偽】
基本、こういう情報にはいろんな意図が込められています。
例えば、ある選手がAというクラブと交渉していたとします。
ただ、所属元クラブはもっと高値で売りたい。
そういうときにBというクラブが
2割上の金額でオファーしているという情報を流します。
それを載せた報道を見て、Aが金額を上乗せする。
そういうやり方のためにBの名前が使われることがあります。
報道が出たからって、全て信じて慌てるのではなく、
こういった裏を読んで考えるのが情報の扱い方だと思います。
フォルランの時なんかまさにそれで、
こういった一流の選手の獲得劇にはそういった駆け引きのような情報が何度も流れていました。


フォルランの件でもあったことを例にして一次情報を重視することの大事さについて触れておきます。
例えばイタリアのサイトで「日本へ行く」と報じられたニュースが
日本語の記事で「日本へ出発した」と出たことがありました。
でも実は「日本からオファーが来ている」という意味で、
日本語への訳が間違っていたんですけどね。
この辺りは原文を見ないとなんともいえない部分があるので、
注意しないといけません。

また、ツイッターの記事では、ソースが不明なことも多いです。
特に海外の呟きでは、何がソースになっているのかが大事。
たとえば現地記者のアカウントというのが判断できれば、
その人の第一報はある程度信頼できるものといえます。
まずはその情報を発信している人のプロフィールを見たり名前を検索してみて、
その情報が信頼できるかを判断すべきです。


【移籍情報収集でよく使うサイト】
私が移籍関連の情報を集める際によく使うサイトを紹介します。

・選手情報関連
http://www.transfermarkt.co.uk/
transfermarktというサイト。
ここは選手の情報がぎっしり詰まっています。
かなりたくさんのクラブを網羅していて、
所属選手の身長・ポジションから
ゴール数・警告・怪我の履歴も拾えます。
試合によってはフォーメーション・交替も見れて、色々な使い道があります。
Market Valueといった移籍金の目安も載っていて、これがかなり使えます。
参考までにセレッソのページのURLを貼っておきます
http://www.transfermarkt.co.uk/cerezo-osaka/startseite/verein/1022/saison_id/2013

【HSV関連】
今、セレッソの移籍関連の話で一番の話題はカチャル。
そのカチャルのレンタル元、ハンブルガーSV関連の情報が
良く載っているところを紹介します。

Hamburger Abendblatt
(PC版)
http://www.abendblatt.de/sport/fussball/hsv/
(モバイル版)
http://mobil.abendblatt.de/channel.do?id=sport-fussball-HSV
現地の一般紙。
PC版では時々ユーザー登録かなにかを要求されることもありますが、
URLをコピー&ペーストで再読み込みすると見れることも。

MORGENPOST
http://www.mopo.de/hsv/5067038,5067038.html
こちらも現地紙。
HSVPlusの件で、Twitterの中継をやってました。
選手個々の動向を書いた記事があったりと、情報量がすごい。

それでは今日はこれで。

ブログ開設  

はい、というわけでブログを作りました。
基本、セレッソ関係の話をまとめただけなんで、
他サポにはあまりメリットがないと思いますw

まずご挨拶でこのエントリは終わります。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Tag

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム