サッカーのお話

フォルラン退団、曜一朗復帰報道についての雑感  

本日の日刊スポーツに次のような記事がありました。

C大阪 フォルラン今夏限りで退団へ 柿谷呼び戻す計画も
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/22/kiji/K20150422010214050.html

この記事によると、フォルランは今夏で退団となっています。
年間6億円、半年3億円とも言われる年俸はさすがに高すぎる。
スポンサーがつくか客がたくさん来るかしないとペイできません。

去年、セレッソは赤字になったようです。しかも結構な数字だった雰囲気。
累積赤字の面で将来的にクラブライセンスに引っかかる可能性もあり、ここは解消していく必要があります。
そんな中、このフォルランの年俸はさすがに払えない。
当然ディスカウント交渉もしているでしょうが、こういう報道が出るということはそれも決裂したのでは。

この記事にはありませんが、カカウも夏までの契約。
ここまでカカウは何試合かベンチにもいません。
フォルランほどではないとはいえセレッソではかなりの高給。
ここもどうなるかわかりませんが、セレッソの状況では契約しないという選択肢もありえます。

パブロについては守備面で不安が大きいですが、
少なくとも契約期間は残っているわけで、役割を変えて使っていくのが基本線では。


さて、空いた1枠ないしは2枠の外国人枠をどうするか。
まずレンタル中のミッチ・ニコルスがパース・グローリーのサラリーキャップ上限超えの関係から
パース・グローリーとの契約が解除となりました。
パース側は契約解除の公式発表済とパースから離れることは確定で、
セレッソ側の発表はないですが、現時点では籍はセレッソで選手登録はなしという状態です。
ミッチはまだ日本にはいないようですが、
現地報道のコメントではセレッソに戻る雰囲気もあります。
ただ、別の記事ではAリーグの他のクラブが興味を持っているなんて話もあって流動的。
この辺の経緯は前回のコラムで詳しく書いてます。




そして最初に貼った日刊スポーツの記事によると、柿谷曜一朗が復帰の可能性もあるとか。
ただ、この記事をよく読むと、「そういう選択肢もある」といったニュアンスで、
記者が柿谷曜一朗の復帰はあるかと聞いたのに答えたような雰囲気です。
積極的に夏の補強を柿谷曜一朗に一本化したというわけではなく、
様々な選択肢の一つに柿谷曜一朗があるというイメージですね。

曜一朗は2018年まででしたっけ?かなりの長期契約だったはず。
当然完全移籍のための契約解除にかかるお金は残り年数に比例して大きくなりますので
完全移籍で獲るには何億ものお金が必要となります。先に書いたセレッソの状況ではとても払えません。
可能性があるならレンタル移籍でしょうが、それでも彼の年俸ぐらいのお金を出せるのかどうか。

柿谷曜一朗視点でみると、
試合に出れていないとはいえ監督が引き抜かれる可能性もありそうで、来季は出場できる可能性もなくはない。
また、バーゼルではなく欧州他クラブへのレンタルもありえます。
欧州で何も残せていないこの状況でJ2のセレッソに戻ってくるという選択肢を選ぶのかどうか。
バーゼル的にも彼で商売するつもりで買ったんだろうし、古巣にレンタルというのもメリットがない。
買取前提のレンタルならまだあるかもしれませんが。


移籍時の彼のコメントにもあるように曜一朗が将来セレッソに戻ってくるのは既定路線。
戻ってくるのがいつかだけの話で、セレッソ側が「選択肢にある」というのは当然なんですね。
今回が成立しなくても、こういう姿勢を外に示すことでよその横槍をけん制したり、
今後の交渉にプラスになるという意味からも、記者に聞かれればこう答えるのはアリ。
ただ、曜一朗はまだ戻ってくるべきではないし、セレッソ的にも予算面で厳しいのではと思っています。
それなら契約の切れそうな乾・ボギョン・カチャルや、フリーのシンプリシオの方が金銭面ではまだ現実的。

乾については4月中にフランクフルトの延長オファーに回答するという話があるようです。
ボギョンについては特に情報はありませんが、
プレミアにこだわらなければ他リーグでも引き合いはありそうです。
カチャルについてはHSVからは出ていくような雰囲気ですが、
元々セレッソから離れる時も(代表入りにメリットある)あちらでやりたがっていた経緯もあり、
代表に定着したとかもう少し年をとってからならまだしも、現時点で再来日というのはないような。
この3人は欧州でも十分やれるし、引き合いもあるでしょうし非現実的かなと。

シンプリシオについては現時点でフリーなだけに、
獲る気があるなら移籍ウインドーが開くのを待たず一気に動く可能性も。
彼については年齢とブランク、そして使い方をどう考えるかですね。


元セレッソ組を呼び戻すのか、新しい選手を入れるのか。
そろそろアンテナを張る時期になってきたようです。
スポンサーサイト

パースグローリーのミッチニコルス契約解除について  



http://www.watoday.com.au/sport/soccer/perth-glory/perth-glory-terminate-contract-of-mitch-nichols-for-disciplinary-reasons-20150409-1mhdao.html

当初「規律上の理由」として報じられたこの記事。
記事を見ると双方合意の上レンタル契約解除ということですが、何故このタイミング?

実はパースグローリーはAリーグのサラリーキャップ制度の上限を超えたという噂がありました。
ミッチの報道があった4/9の時点でこの記事のあるWAtodayのパース関連の記事を見ると、
この話がやたらありました。

表面化したのがいつかはわかりませんが、
最初の記事のあるWAtodayのパース関連の記事を見ていると、
給料のカット交渉をしてるなんて記述もありました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150410-00010018-footballc-socc
金曜日のこの記事によると、サラリーキャップ上限の255万豪ドル(約2億3500万円)に対して
40万豪ドル(約3700万円)オーバーしたとのこと。
そしてこれによりAリーグのプレーオフへの参加権を剥奪されたようです

水曜日にオーストラリアの協会と会談をしたんだっけ?
ミッチの報道があったのは木曜日。
PO出場権剥奪決定が金曜日。
タイミングとしては関連性がありそうと思っちゃいますよね。
パースとしては、所属選手の契約を切ったり給料を下げるよりも、
所属先に戻れるレンタル選手を切った方が・・・という判断をしてもおかしくない状況。


上のミッチレンタル解除の記事ではセレッソに戻ると書いてあるようで、
言葉尻だけみると、セレッソで明日からプレーするととらえてしまいがちですが、
現在の状況を簡単にまとめてみます。

現状セレッソの外国人枠はフォルラン・カカウ・パブロの3つに
アジア枠のジンヒョンがいて、枠は埋まっています。
厳密にはこれ+提携国orC契約or在日枠で1人分の枠がありますが、
ミッチの場合はどれも該当しません。
よって、セレッソでの選手登録は不可能。

そしてそもそも移籍ウインドーは既に閉まっています。
というわけで、少なくともJ1/J2にはレンタルもできません。
(J3とかJFLとかは不勉強でちょっとわかりません)
また、どこか他の国でウインドーが開いているところがあれば移籍可能ですが、
どこかあるんでしょうか?少なくとも欧州は閉まってるはず。

じゃぁ契約解除しかないやんという方もチラホラ見ましたが、
Jに関してはウインドーが閉まる前にフリーになった選手については
ウインドーの期間以外でも登録できるというのがルール。
現時点でセレッソに籍があるミッチについては、契約解除しても登録できません。
(JFAの移籍関連のドキュメントで、移籍ウインドーの辺りを参考にしてください)

なので、このタイミングでレンタルバックになったミッチは
・夏の移籍ウインドー期間に移籍する
・夏の移籍ウインドー期間に外国人が誰か抜けた上でセレッソで選手登録する
・移籍ウインドーの開いている国や登録可脳なリーグへ移籍する
といった選択肢しかありません。
とりあえず最初の記事の代理人の話によると、
セレッソに戻り、夏にレギュラーを勝ち取るように挑戦するみたいなコメントがあるようです。

http://theworldgame.sbs.com.au/article/2015/04/09/nichols-camp-disputes-ill-discipline-claims
ちなみにこの記事によると、Aリーグのアデレードユナイテッドやウエストシドニーワンダラーズの名前があがったり、
Jの他クラブへの移籍の可能性についても触れています。

では、夏までセレッソにいた場合はどういう扱いになるか。
さすがに公式戦は無理としても、
オフのブンデスリーガが普通に練習参加したり練習試合に出てたりしたからその辺は大丈夫でしょうw
セカンドチーム構想を開始したセレッソでは試合もたくさん組んでいるし、
練習や練習試合で豪代表レベルの選手と組むのも若手にはいい経験になります。

セレッソサイドからすると、ここで一旦帰って来ることにより、
おそらく当初設定していたレンタル料が満額回収できないんじゃないでしょうか。
上に書いたサラリーキャップの件を考えると、なおさらそんな気が。
ただ、アウトゥオリがミッチを手元で見ることができたり、
夏に復帰するとしてその試運転期間が前倒しになったという見方もできます。
先のセレッソに戻って云々という代理人の話も、
この辺りの話がついていそうな気配もあります。

夏にはフォルラン・カカウの契約が終わるのとミッチの処遇についてなど、色々ありそうな予感がします。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Tag

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム