サッカーのお話

エジミウソン、マグノ・クルス獲得正式発表  

新外国人加入

昨夜、エジミウソンとマグノ・クルスの獲得リリースがありました。
エジミウソンは新潟・浦和・FC東京で活躍したブラジル人FW。
ブラジルセリエAのシャペコエンセに所属していましたが、この度セレッソへ完全移籍となりました。

http://globoesporte.globo.com/sc/futebol/times/chapecoense/noticia/2015/07/edmilson-rescinde-contrato-com-chapecoense-e-deve-jogar-no-japao.html
こちらの記事によるとシャペコエンセとは契約解除してからの移籍らしく、
ということは0円移籍となっている様子。

一つ気になるのは、7/2のパルメイラス戦後、試合に出ていないこと。
現地の記事ではパルメイラス戦以降の試合のスタメン予想で
メディカル行きとなっている記事がいくつかありました。
恐らく移籍交渉が進んだので使わないようになったんだとは思いますが、少し気にはなりますね。
どっちにしろ1ヶ月試合に出ていないので、少しコンディションを整える必要がありそうです。


一方、マグノ・クルスはチュニジアリーグのESチュニスに所属していたブラジル人MF。
ただ、チュニジアといえばここ最近外国人に対するテロが多発しています。
http://www.futebolinterior.com.br/futebol/Futebol-Mundo/noticias/2015-07/Magno-Cruz-rescinde-com-Esperance-e-retorna-ao-Brasil
こちらの記事によると、それを理由に契約を終了した模様で、無所属状態でした。
よって、こちらも0円移籍となります。

気になるポジションですが、
http://www.transfermarkt.co.uk/magno-cruz/profil/spieler/109131
いつものTransfermrktによると2列目の選手のようです。
動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=APVtBdsZTfo

動画を見ていると、相手からボールを奪うシーンが多く、
そこからボールを散らしたりDFラインの裏にパスを出すシーンが目立ちます。


そして、昨夜話題になった件として、元G大阪のGK木村にオファーしたとの話もあります。
これは、キムジンヒョンが鎖骨骨折となったことに大きく関係します。
現在セレッソのGKはキムジンヒョン、丹野、武田に、特別指定の村上、2種登録の松原がいます。
ただ8月のスケジュールを考えると、村上は総理大臣杯、松原は海外遠征があり、練習参加も厳しいとのこと。
ここでどちらかが怪我でもすると、GKの控えがいなくなってしまいます。
以前この状況があった時は多田に声をかけましたが、それと同じやり方で木村に声をかけたのでしょう。
ただ、本人はもう体が動かないと断ったようで、セレッソは他にアプローチしているんでしょうね。

他サポは「金あるな」と思っているようですが、夏に取った選手をリストアップしてみますと、
田中裕介・・・・・無所属状態
エジミウソン・・・前所属先を契約解除後の契約
マグノ・・・・・・無所属状態
と、案外お金がかかっていません。
GKをとるのは間違いないでしょうが、
案外もう一人ぐらい(日本人ボランチとか)を引っ張ってくるかな?とも思えなくもないです。
スポンサーサイト

モイゼスの噂  


ブラジル2部のSAMPAIO CORRÊA FUTEBOL CLUBEに所属するモイゼスにJからのオファーの噂があります。
http://jliseki.blog119.fc2.com/blog-entry-886.html
http://globoesporte.globo.com/ma/noticia/2015/07/moises-recebe-proposta-do-futebol-japones-e-pode-deixar-o-sampaio.html

http://www.transfermarkt.co.uk/moises/profil/spieler/227986
モイゼスは24歳のブラジル人。179cmの右利きで、ポジションは守備的MF及びセントラルミッドフィルダー。
直近の試合は7/18で、4231の2の左で90分プレーした模様。

動画はこちら

https://youtu.be/79W82OZYYSg

動画を見ていると、ボールの奪取が売りでそこからボールを散らすことができる選手。
運動量も多そうで、寄せも早いといった印象。
ボールを奪ってから相手をかわすプレーもうまく、もう一列前でも面白いかもしれません。

現在所属するSAMPAIO CORRÊA FUTEBOL CLUBEへは今年の4月からのレンタル。
期間は年末までのようで、もし獲得となればこちらとの契約解除となるでしょう。
レンタル元はブラジル1部のCLUBE ATLÉTICO LINENSEで、2016末までは契約が残っていそうです。
このクラブは現在京都のダニエルロビーニョが日本に来る前に所属したクラブ。
甲府のフェルナンドが退団後に移籍したクラブでもあり、2008ー2010頃に鳥栖にいた下地が在籍したクラブでもあります。

セレッソとしては2列目が欲しいところですが、この選手は2.5列目から3列目の選手。
アーリアが移籍したことでやめた433を捨ててないならありそうな気もしますが、果たして。

8/1追記
このページに「モイゼス 京都」で飛んでくる方が多かったようですが、どうも福岡が獲得したようです。
ただ、レンタル元とレンタル先が揉めてるようで、ちょっと先が読めない状態。
どうなりますか。

エジミウソン獲得の噂  


というわけで、朝出てきたニュースです。

元新潟・浦和・FC東京に所属していたエジミウソンがセレッソに移籍という話。
これは地元のランスというメディアが報じたもので、
その後、同じ記事が現所属のシャペコエンセの公式HPに載りました。
http://www.chapecoense.com/2015/noticias/2120/rumo-ao-japao


データ関連はこちら。
http://www.transfermarkt.co.uk/edmilson/leistungsdaten/spieler/79376
ブラジルセリエAのシャペコエンセに所属するエジミウソンは、181cmの右利き、32歳のCF。
今年4月にシャペコエンセ入りし、5月の試合から出場。
そこからずっと試合に出ているようで、ポジションは全試合CFとなっています。
最後に出たのは7/2のパルメイラス戦で、4231の1トップで90分プレーしています。
その後3試合はベンチ入りもしていませんが、おそらくこの移籍話が出てきた影響ではないでしょうか。

http://globoesporte.globo.com/sc/futebol/times/chapecoense/noticia/2015/07/edmilson-rescinde-contrato-com-chapecoense-e-deve-jogar-no-japao.html
別の記事では今年いっぱいまであった契約を解除したと読め、
0円での獲得になってそうな雰囲気です。



https://www.youtube.com/watch?v=OZpUuV0nEkQ
そのパルメイラス戦のビデオがこれ。
アウェーの白ユニの57番がエジミウソンです。

セレッソは現在FWとして玉田・田代・前川大河がいて、そこに永井龍がレンタル復帰しました。
現状FWは4人ですが、玉田・田代の2トップだと交代要員がちょっと弱い印象で、
ここの層を充実させることを狙っていたようです。

ここしばらくでは赤嶺・カボレといった噂がありましたが、
赤嶺についてはこのタイミングでハムストリングの怪我で全治3週間、
カボレは水曜のTMに出場したものの、見ていた人の話では微妙との評価で、
外から見ている分には補強が振り出しに戻った印象でしたが、
練習試合の結果と赤嶺の怪我の件を経てエジミウソンに決まったというところでしょうか。
金曜にブラジルを発つということで、恐らく日曜には来日。その辺りで合流でしょうか。

田中裕介獲得と、その他の状況について  

というわけで、田中裕介選手獲得の公式発表が来てました。
これについては、他サポの「そんなSBいるの?」という声が結構あります。

説明しておきますと、セレッソのSB事情は
左:丸橋・椋原・温井・岡田
右:酒本・椋原・安藤・小暮
といった構成で、先日安藤が松本に完全移籍となっています。

そして若手の岡田・小暮はレギュラーを押しのける存在ではなく
しかも怪我で完全ではないという事情があり、
現実には丸橋・酒本(どちらも元々MF)がレギュラー、相手や状況によって椋原が出るといった、
実質3人で回している状況でした。
実際、人がいないのでアーリア右SBとか3バックとか、
苦肉の策でしのいでいた時間帯もあり、補強は急務でした。

聞いていると田中裕介は3バックのCB・WB、4バックのSBができるといい、
布陣にバリエーションができそうな雰囲気です。
なので、結構理にかなった補強なんですよね。


さて、他の補強状況ですが、現状お隣の赤嶺にオファーという話がありますが、
赤嶺については第一報から音沙汰なし。
昨日の練習には参加していたようで、今日明日は非公開ということでそちらからの話は期待薄。
開幕戦もあるし、何か動きがあるなら週明けぐらいかな?

そして、ちょっと気になるのは同じくお隣の二川が夏にも移籍かも?という話が。
これはサッカーダイジェストに載っている話のようで、具体的なチーム名はなさそうです。
噂ではJ2とか福岡とか、セレッソなんて話もあるようですが、
あちらのサポーターのツイートとかを見ていると、
「◯◯が狙っているらしい」
「◯◯行きってほんと?」
といった情報が一人歩きしている状態で、
現状ソースもなんにもない憶測でしかなく、なんとも言えない状況。
まぁ、本当ならそのうちなんか流れてくるでしょう。

カボレについては昨日も書いたけどそろそろ獲る獲らないの判断をすべき。
元々練習を見て判断って話でしたが、
もう2ー3週間は練習参加してて、そろそろコンディションが整ってこないとおかしい時期。
獲らないなら他を探さないといけないし、もう判断してもいいんじゃないでしょうか。

赤嶺・富澤・田中裕介の噂について  

先日の更新後、いくつか動きがあったようなので記録がてら書いておきます

まず元川崎、前WSW(ウエスタン・シドニー・ワンダラーズ)の田中裕介にオファー。
田中裕介は左右両方のSBができる選手。
酒本・丸橋がずっといたSBのポジションの補強となります。
既にWSWを退団しているようで、獲得できれば0円移籍となります。
他との競合もあるといい、セレッソに来るかはまだ分からない状況。
なお、同じポジションの新人、温井選手が鈴鹿にレンタル移籍となっていることから、
ある程度獲得の目処が立ってレンタル移籍したのでは?という憶測もあります。


そして元FC東京・仙台在籍で、お隣に所属中の赤嶺。
ワンタッチゴーラーといわれているらしいジュビロキラーのFW。
こちらは大熊GMルートでしょうか。
順序はわかりませんが、お隣は清水の長澤を獲得したとの発表があり、
その清水は元川崎の鄭大世をKリーグから獲得しようとしています。
他の噂も含めて図式にすると

浦和→(李忠成:噂)→水原→(鄭大世:水原側正式発表)→清水→(長澤:正式発表)→お隣→(赤嶺:噂)→セレッソ→(フォルラン:退団正式発表)→ペニャロール

といったところでしょうか。夏にしては綺麗な玉突きw

お隣は赤嶺があまり機能していないのとパトリックをレンタル元が売るなんて話もあるようで、
長澤を取る算段をつけていることからFWに空きが出そうな状況と考えられます。
ただ、それが赤嶺なのかパトリックなのか、まだちょっと不透明なところです。
一応長崎の韓国人FWを取ろうとしていましたが、残るような報道があり、こちらはなさそうな雰囲気。
現時点では赤嶺の代わりが長澤という考え方がしっくりきそうです。


そして横浜FMの富澤。
こちらは今年あまり試合に出れていないことで、出場機会を求めて出る可能性がありそうとのこと。
セレッソとしてはボランチ候補としてポーランド人のヴィルクが練習参加していましたが、
どうやら1日だけ参加したようでその後は舞洲に姿を見せていなかった模様。
そして、今朝レアルサラゴサと合意したとの報がスペインからありました。

http://sport.wp.pl/kat,1035299,title,Cezary-Wilk-dla-WP-Na-kosci-mam-blaszke-przykrecona-piecioma-srubami,wid,17693157,wiadomosc.html?ticaid=1152f7
こちらの記事によると一応環境については評価していたみたいなんですが、
スペイン2部とJ2だと、スペイン2部を選ぶよね・・てな感じで蹴られた模様。
というわけで、アーリアの代わりのボランチを獲得するのが急務となっています。

富澤はCB・ボランチができ、ヴェルディ時代にSBもやっていたとのこと。
競合は正式オファーが千葉とセレッソで、他のJ1クラブも興味ありという話です。
なお、富澤は本日の横浜FMの練習に姿を見せていないといい、
行き先はともかく移籍の可能性はかなり高そうな雰囲気。

セレッソのボランチには山口蛍・扇原貴宏がいますが、ここまでやってきたシステムは433。
3センターの一角であるアーリアがいなくなったことにより、前節では442を採用しています。
彼を獲得できればCBにして染谷を一列上げたり、彼をアンカーにして蛍を一列上げたり、
いくつかのやり方が考えられ、出場機会はほぼ確実にあると思います。
正式オファーの千葉は色々聞いているとCBとして考えている状況で、
千葉との差別化はできています。
彼がどこのポジションでやりたいかも大きな要因になってきそうです。

とか書いてたら、今日の試合の後に千葉入りの正式発表。
あー、やっぱり関東ってのが大きいんですかね。
そこを覆すだけのオファーを提示できなかったということなんでしょう。
ともかくこれでボランチについてはふりだしに。

カボレについてはまだミニゲームに参加し始めているようで、
そろそろ契約するかどうかの判断が出るのかな?といった状況。

他サポからは手当たり次第にオファー出してると言う人もいますが、
外国人が2枚いなくなり、怪我人も多い状況で夏場の暑さとベテランが多いことも考慮してのFW、
物足りなさを感じ始めているSB、
3センターの絶対的存在を失ったボランチ要員と、
結構ピンポイントに動いてる印象です。
そのポジションが多いのがアレですが・・・。
明日の朝ぐらいの新聞でなんか出てくるんかな。
現状の編成まとめ


というわけで、動きのあった編成についてあれこれ。

まずは表に出ている情報から。
退団)
カカウ:退団の正式発表済み
フォルラン:退団の正式発表済み
米澤:秋田に育成型レンタルの正式発表済み
安藤:松本山雅に完全移籍の正式発表済み
長谷川アーリアジャスール:スペイン2部レアルサラゴサへ完全移籍(正式発表済)

セレッソからのレンタル組)
丸岡:ドルトムントへのレンタル移籍を1年延長(正式発表済み)
秋山:愛媛側は延長希望も、安藤の絡みで復帰濃厚?
永井:不明(負傷中)
ミッチ・ニコルス:不明(移籍に関する報道なしも、個人レベルの噂で他と交渉との話もある)
(平野:年末までのレンタル中)

丸岡満については、Bloglaで大熊強化部長が「1年後は戻すか買取か」と明言しています。
一方、長谷川アーリアジャスールについては、突然すぎる発表。
正直3センターで奮闘していたアーリアの移籍は痛い。めちゃめちゃ痛いです。
サポの中でも「なんで出すねん!」と憤っている人も多数います。
ただ、こういう移籍って、相手からのオファーがないと成立しません。
こちらから「彼を買ってくれないか?」とセールスしているならまだしも、
向こうからオファーしてきてそれを選手側が受けた場合、クラブ側はどうしようもないという現状があります。

相手側からオファーがあり本人が行くと意思表示した場合、クラブには大きく分けて2つの選択肢があります。
移籍を認めるか、認めないか。
後者はクラブと該当選手に大きな溝を作ります。
選手に不満が溜まり、それが周囲に影響することもあります。
そして契約期間が終われば、周囲に悪いイメージを振りまきながら退団。
クラブとしては何もメリットがありません。
ましてやセレッソは選手を成長させることを売りの一つにしています。
これを戦略に組み込んでいる限り、無理に引き止めることはできないでしょう。

安藤の移籍、アーリアの移籍は、相手側からのオファーがあって本人が決断したパターン。
「なんで出すねん!」じゃなくて、本人が決断した時点でクラブとしてはその対応をするしかないんです。
あとは円満に退団して繋がりを保つか、取れる金はしっかり請求するかといった交渉ぐらいでしょう。

アーリアは海外移籍は移籍金0円なんて噂もありますが、これは去年の加入時の契約についての話です。
ただ彼については、サポコンで「特別な契約」というフレーズで契約を見直した的な話がありました。
今年の頭になかなか残留が決定しなかったのもその辺りが理由なようです。
この特別な契約については恐らく語られる可能性は少ないでしょうが、
0円条項が見直された可能性もなくはないです。ここがどうなったかですね。
どっちか断定できる状況ではないので、冷静に。

ちなみにレアルサラゴサの監督はポポヴィッチことポ将。
今シーズン昇格を逃すも監督の座は留任したようです。
FC東京から引き抜いたアーリアをレアルサラゴサに引き抜くとか、
どんだけアーリア気に入ってるねんと。



さて、では入る方はどうなのか。

現状、舞洲には元FC東京のカボレが参加しています。
聞いている感じだと、スピードがある選手で1トップ向きではないとのことですが、
現在35歳でそのスピードがどうなっているのか。
しばらく練習させて判断するという話でしたが、
先週末の段階ではまだ判断できるレベルではないような感じでした。
参加から1ー2週経ってますがまだ体作りの最中で、
フィジカルコーチのジルヴァンがつきっきりで指導していました。
一部全体メニューには参加していますが完全合流ではありませんでした。


そして、3センターのレギュラーの一角がいなくなったことにより、
そこの手当てをする必要があります。
安藤の件もあり、レンタル中の秋山大地の復帰はほぼ確定でしょうか。
とか思っていると、アーリアの移籍発表と共に、舞洲にとある選手の姿があったようです。

Bloglaによると、デポルティボから来た彼の名前はツェザリ・ヴィルク(CEZARY WILK)らしいです。
チェーザレじゃないです。

Transfermrktはこちら。
http://www.transfermarkt.co.uk/cezary-wilk/profil/spieler/35448
Wikiはこちら
英語: https://en.m.wikipedia.org/wiki/Cezary_Wilk
ポーランド語: https://pl.m.wikipedia.org/wiki/Cezary_Wilk
※ポーランド語の方が内容が濃いです

右利きの181cmの元ポーランド代表のボランチ。
2月生まれの現在29歳で、デポルティボに2年在籍。
A代表は2010ー11年あたりで出場していたようで、今は呼ばれていません。
途中加入した他の選手が活躍する中、右足の中指の骨を骨折して休養し、そのままシーズン終了。
契約切れで現在フリーといった状況のようです。
怪我で出番を失って日本へというのはカチャルにイメージが重なります。
ちなみにTransfermrktの市場価格では0.7万ポンド。
約1億3000万円といったところでしょうが、これが不要になっています。
クラブライセンス的にあまりお金をかけられない状況では、アリな選択かもしれません。

色々流れてくる情報を聞いていると、パス精度には難があるが、運動量が売りの潰し屋のボランチ。
セレッソでいうとアマラウのイメージでしょうか。
「スーパー田中英雄」って言ってる人も多いので、そっちの方が分かりやすいかも。



J2に落ちたことやクラブライセンスの絡みによる予算縮小もあり、出て行くことはある程度仕方ない。
「なんで出した!」とむやみにフロント・強化部を叩いている人も多いけど、
相手があることだったり選手本人の将来設計もある中、それはどうなんかなと。
強化部の本来の仕事はそれを受けてどうするかってところじゃないでしょうか。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Tag

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム