サッカーのお話

清原、リカルド・サントスの噂  

【C大阪】J2金沢からMF清原獲得へ

C大阪が来季の新戦力として、金沢MF清原翔平(28)の獲得が濃厚であることが27日、分かった。複数の関係者によると、交渉は大詰めで、条件面などがまとまれば、年内または年明け早々に正式発表となる。

また、新外国人として中国1部リーグ・貴州人和のFWリカルド・サントス(28)を獲得することも判明。同クラブは成績不振で来季は2部降格となったが、サントスは今季チーム最多の10得点をたたき出している。


というわけで、夜中目が覚めてふと見るとこんなニュースが。
金沢の清原と、貴州人和のリカルド・サントス獲得の噂です。

清原はダブルを食らった金沢の主将。
2014年から5年契約という噂もありますが、この辺はよくわかりません。
28歳なのでTCは発生せず、違約金がどれだけかかるかといったところです。
データはこちら。
http://www.transfermarkt.co.uk/shohei-kiyohara/profil/spieler/163938
ドリブルが得意で、痛い目にあった記憶もありますね。
28歳165㎝の左利き。ポジションはAMにLM・RM。楠神の後釜か、ひょっとしたら玉田の枠でしょうか。

一方リカルド・サントスは中国スーパーリーグの貴州人和(Guizhou Renhe)に在籍するFW。
データはこちら。
http://www.transfermarkt.co.uk/ricardo-santos/profil/spieler/51323
28歳187cmの右利きCFで、30試合14G3Aイエロー4枚1発退場が1回。
エージェントはブルーノと同じEUROPE SPORTS。
契約は来年末まであります。
貴州人和は降格したらしく、その関係で戦力が削られるなんて噂がありましたが、
逆に山東魯能から元代表を引っこ抜いたりしているようです。
また、通算4度目の本拠地変更をするらしく北京人和になるなんて話もあるようで、なんというかいろいろ凄いクラブですw
レンタルにしても残り1年だと微妙だし、完全狙いなんでしょうか?この辺はよくわかりません。
※12/30追記
  こちらのHPによると、12/23付でフリーとなっています。
  合っているかは不明ですが、降格のタイミングでもあり、そうなってもおかしくはないかもしれません。


動画はこちら



ブルーノが裏抜けカウンタータイプなら、こちらはガタイを生かした重戦車タイプといった感じでしょうか。
相手とガツガツやり合いながら跳ね飛ばすものの、その直後にコントロールしたシュートやチップキックでGKの虚をつくというプレーもやります。
ただ、その過程で相手を跳ね飛ばしたりしてるとことから、イエローはそういうプレーでもらってるんじゃという疑惑も

気になるのはブルーノもリカルドもCFだということ。
噂になっている選手を見ているとそこに外人2人を使うというのはどうなんでしょうか。
そういやブルーノはスポニチ、リカルドは報知。
両方獲るとはどこも書いていません。
候補として両方動いてて、どっちか片方を獲るということなんじゃないでしょうか。

※12/30追加
 下記ツイートによると、セレッソが両方とるなんて話も?


どちらもEUROPE SPORTSなんで、去年夏のエジミウソン・マグノみたいなパターンでありそうな気もしなくないです。
ただ、それだと明らかにFWが多いんですよね・・・
スポンサーサイト

ブルーノ・メネゲル獲得の噂  

本日のスポニチに新外国人の話がありました。

大熊セレッソ再建へ着々 中国リーグ大連のブラジル人FW獲り
J2C大阪が来季の新戦力として、中国リーグの大連に所属するブラジル人のFWブルーノ・メネゲル(28)を獲得することが26日、決定的となった。関係者によると、すでに正式オファーを提示しており、近日中にも加入が発表される見込みだという。


これによると獲得予定なのはブルーノ・メネゲル。ちょっと調べてみました。


ブルーノ・メネゲル Bruno Meneguel
http://www.transfermarkt.co.uk/bruno-meneghel/profil/spieler/67966

168cm28歳右利きのFWで、中国大連阿爾浜足球倶楽部(中国甲級リーグ(超級の1つ下))に在籍。
契約は今年末で切れるので、おそらく0円移籍と思われます。
ポジションはCF・LWで、エージェントは柏のエデルソンと同じEUROPE SPORTSです。
今年の成績は28試合で19G8Aイエロー7枚。
出場歴を見ているとそのほとんどが90分出場しているので、スタミナはありそうです。

動画はこちら。



動画を見ているとかなり足が速く、カウンターに向いてそうです。
裏に出したボールに向かって左サイドを駆け上がるシーンが目立ちます。

近年、中国は2部でもビッグネームを呼ぶ傾向にあり、あぶれた安めの選手を獲るというのはトレンドになりそうな気配があります。
そういった意味で、スピード・運動量があり結果も残している彼は悪くない気もします。
しかも契約切れのようですしね。

中国在住のセレサポさんが言うには、大連での年俸は90万ドルだとか。大体1億円ぐらいですかね。
結構しますが、中国マネーによる高騰かもしれません。
契約切れで違約金が不要なので、その分年俸に突っ込めるかもしれませんが。

とりあえずは続報待ちですかね。


下部組織出身者の復帰について  


先日川崎に完全移籍していた杉本健勇がセレッソに復帰しました。
また、昨日の日刊スポーツ朝刊で柿谷曜一朗の完全移籍が報じられました。
更に昼にドルトムントにレンタル中の丸岡満の復帰が公式発表されました。
この3人の共通項は「下部組織出身者」ということ。

セレッソでは、少し前に「何年後かにユース出身者を何割にする」といった目標が宣言されています。
一部ではロマンだとか下部組織出身者で固まってしまうとかいろいろ言われていますね。

Jリーグでは今年からセカンドチームという新たな仕組みが導入されました。
セカンドチームのレギュレーションを見ていると、
・選手はトップチームに在籍し、試合毎にセカンドチームに登録される形
・セカンドチームでの出場時間は、A契約への移行に必要な出場時間のカウントに含まれる
という項目があります。
これを考えると、来季セカンドチームで主力になった選手の大半はA契約に移行し、トップチームのA契約25人枠(1チームにプロA契約選手は25人まで登録できる)に含まれる可能性があるということです。
(但しA契約になった年は25人枠にカウントされないので、再来年の話になりますが。)

セレッソでいうと澤上・木本がそれにあたりますが、今後も大学生や非ユース出身者を獲得していくと、1年でA契約になってしまうケースが増えていくでしょう。
となると、セカンドチームを持つクラブは、セカンドチームを維持するためにもユース出身者がメインになっていく可能性もがあるということになります。
現在セレッソはA契約25人枠を20人ぐらい使っていますが、外部から新人選手を獲っていくとA契約25人枠がどんどん増えていくことになり、いずれその枠を圧迫することになるでしょう。
となると、既存のA契約25人枠の選手を放出したり、外部からの新人選手獲得を躊躇したり、外部の新人選手側が敬遠したりする可能性も出てくるかもしれません。

ここで冒頭の3人が加わった意味を考えてみます。
3人の共通点は「下部組織出身者」。
外部の人はいろいろ言っていますが、来季以降のA契約25人枠を圧迫しないことでメリットが大きいです。
おそらくこういう面も考えにあったのではないかと考えています。
そういう意味では、レンタル復帰の小谷も同じロジックが働いている気がします。

セカンドチームを持ったFC東京やお隣も、いずれこの問題が出てくるかもしれません。
今のところセカンドチームのためにレンタル復帰させたパターンの移籍があるようですが、一度外に出た下部組織出身者を戦力として獲得するパターンがあるかもしれません。
セカンドチームを下部組織出身者で固めるとこういう問題は起きないでしょうし、A契約になった後に一度移籍させるという形も取れなくはないですが、今後こういう移籍がトレンドになる可能性もあり、注視しておいてもいいかもしれません。

フルミネンセのエジソンの噂  

ブラジルのフルミネンセに所属するボランチ、エジソンにセレッソ大阪が興味との話があります。
http://globoesporte.globo.com/futebol/noticia/2015/12/velocidade-na-mira-flu-sonha-com-bruno-henrique-e-wellington-nem.html

少し前にこんな記事があり、そこには日本の1部のクラブという記載があったので、セレッソが興味というツイートが出てきた時、ソウザみたいに隣と間違ってるんじゃないか・うちは関係ないだろうと思っていましたが、こういう記事があがってきました。

ボランチといえばソウザの話があったはずですが、今週中に考える的な話もあり、断られたなら同じポジションのエジソンに行ったというのはタイミング的に考えられる話ではあります。

それではいつものサイトからデータを。
http://www.transfermarkt.co.uk/edson/profil/spieler/103146
183cm24歳右利きのボランチ。DMがメインだけどRB・CMでもプレー。
ただ、市場価格は5.8億円とかなり高額。契約も2018年夏までと長期で、買い取りは考えにくい額。


ヘディングシュートが多く、スペースへの飛び出しもある。
守備では読みでパスカットするシーンもいくつか。ガツガツ奪いに行くシーンもあり、26試合でイエロー9枚とタカより多いw




ただ、このツイートを見る限りは本人は行きたくないと言ってるみたいなんですがw
どうなりますか。

楠神・岡田満了  

楠神順平選手 契約満了のお知らせ
岡田武瑠選手 契約満了のお知らせ

というわけで契約満了の正式発表第一弾が来ました。
まずはセレッソの契約の傾向について簡単に説明します。
まず、新人はC契約となります。これはJ共通のことで、出場時間が一定ラインを超えるとA契約に移行します。
そしてC契約のまま3年になると、A契約もしくはB契約になります。
そしてこの3年目を終えた選手は、それまでのプレーや期待値からA契約に値するかどうかの見直しが行われます。
この3年目を終えるタイミングなのが小暮・秋山ですが、2人ともA契約条件をクリアしていました。
ただ、勝負の3年目で大きな怪我をしてしまい、武瑠はクリアできませんでした。

個人的にはセカンドチームで交代・出場停止枠を考えると残留もあるかと思っていましたがこういうことに。
他から引き合いがあることを祈ります。

一方くっすんこと楠神の満了。
いろいろ声を聞きますが、3年でのゴール数・アシスト数を考えると、ちょっと物足りません。
3年目でもバリバリのレギュラーならまだしも、あまり試合に出れていないことから、
本人が出ていくと決断するのもクラブ側が更新しないのも、あり得る話だと思っていました。
そして、結果は満了ということに。

ここがいなくなるということは、2列目がかなり手薄になります。
逆に言うと、新しい人がレギュラーになるということ。
他との交渉もやりやすくなりそうです。
さて、どういった選手が入ってくるのか。

これとは別に、気になる情報もあります




韓国のサッカージャーナリストのツイートです。
なんでも、蔚山現代(尹晶煥監督のいるところ)がJに正GKを獲られて後釜を探していたようで、
ジンヒョンにオファーをかけようとしていたようです。
ただ、セレッソに金額を聞いたところ、蔚山には高すぎるということで撤退したとか。

ここで重要なのは、セレッソに金額を聞いたという事実です。
これは、セレッソとの契約が残っているという状況証拠になります。
しかも、移籍金を高めに設定している雰囲気。

他のツイートでも「彼は海外を目標にしているので韓国に帰りたがらない」なんて情報もあり、
興味深い状況になっているようです。
ただ、この人がツイートしているだけでこの情報を裏付けるニュースを見つけたわけではないのでご注意を。

ブラジル人3人退団  

今朝のニッカンスポーツによると、
セレッソ大阪のブラジル人3人が退団とのことです。

エジミウソン・マグノについては関空のサポの見送りのコメントやツイッター・マイセレのコメントでそんな気はしていましたが、
パブロについては意外でした。

パブロはレンタル移籍で、相手はアトレティコパラナエンセ。
カイオの時にレンタル後吹っかけられた相手で、今回も同じパターンとの見方があります。
パブロのアトレティコパラナエンセとの契約は2014夏時点で2016年末まで。
ここから長くなることはあれ短くなることはなさそうで、結構な金額になりそうです。
なのでその考え方であってそうですね。


山口蛍獲得にハノーバーなど興味 C大阪・大熊監督明かす


こちらは既報の蛍の動向ですが、語っている大熊清氏の方が重要でしょうか。
3試合限定で指揮を執った自身の後任人事について、強化部長を兼ねる大熊監督は「現場の監督が充実してやれる環境をつくる」と、10日にもクラブと話し合いの場を持つ意向。

これはどうとればいいのか・・・、また微妙なコメントですね
一応続投の目はないと見てよさそうなんですけど
後任人事についての質問でこの答えに至った話の流れがわかりませんが、一般論を語っただけな気もします。

あとジンヒョンについて気になるツイートが。



韓国の記者のツイートですが、「水原三星がジンヒョンに興味を持っているようですが、本人は海外でのプレーを目標にしていて韓国に帰りたがらない」というニュアンスの内容です。
これはセレッソサポーターなら周知の事実ですが、
内容的にすぐKに行くことはなさそうという空気が感じられ、「セレッソから出るなら海外」とも読めます。
これを見る限りはあちらでは兵役がないという認識にも見えますが、どうなりますか。
日本行きの噂のある選手の情報があるようです。
http://fute-japa-brasuca.tumblr.com/post/134752935319/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%83%94%E3%82%AA%E3%81%AB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%81%AE%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%A8%E5%A0%B1%E3%81%98%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6

フォルタレーザに所属するボランチ、アウレミールとピオ。
http://www.transfermarkt.co.uk/auremir/profil/spieler/151505
アウレミールは174cm右利きの24歳のブラジル人。
契約切れのタイミングで、右サイドもできるようです。

ボールを奪ってそのまま駆け上がったり、相手DFラインの裏にパスを入れたりというプレーが目立ちます。

http://www.transfermarkt.co.uk/piotm/profil/spieler/175377
ピオは175㎝右利きで27歳のブラジル人。
契約残りは不明で、右SBもできるようです。


動画を見ていると、右SBのプレーが主体かな?
すっごいミドルきめてたりと攻撃の場面が多いです。

ボランチと右サイドのできる選手。どこが声かけてるんでしょうね。

12/8の動向  

ソウザ以外にもいくつかトピックスがあります。
まずはFC東京の松田陸選手にオファーとの報道がありました。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1576444.html
既に正式オファー済ということですが、福岡も近日中にオファーを出すとのこと。

セレッソ的には右SBは酒本・田中・椋原・小暮がいますが、誰かを左で考えるのでしょうか。
それでもやっぱり多いので、誰か抜けるんでしょうね。

そして本日パブロが帰国しました。
本人は「マタネ」と言って帰ったようですが、アトレティコパラナエンセとの契約が最低1年残っていて、
カイオのように吹っかけられるのではなんて意見もあります。

あとは玉田。
ブログで昇格を逃したことを悔しがっている記事を書いていました。
来年一緒に上がれたらなぁ・・・。

その他のトピックスとしては、トライアウトが行われたこととセカンドチームの申請が行われたことがあります。

まず、トライアウトについてはセレッソの選手は参加していなかったようです。

セカンドチームの申請はセレッソ・お隣・FC東京・鳥栖の4つ。
まだレギュレーションの詳細が出ているわけではないですが、
現状FPで14人確保済とメンツは揃いつつあります。
怪我とトップチームへの昇格を考えなければ、とりあえずはいけるのかな?
特別指定が3人まで・2種登録が5名までいけるようなので、
その枠が使えそうならフルに使えば回せそうではあります。
次のJFA理事会で承認されるでしょうが、恐らく1-2週間後かな?


ソウザ(ボランチ)の噂  

http://futebolweb.com/2015/12/devolvido-pelo-bahia-ao-cruzeiro-souza-deve-ir-para-o-futebol-japones/
http://globoesporte.globo.com/ba/futebol/noticia/2015/12/devolvido-pelo-bahia-ao-cruzeiro-souza-deve-ir-para-o-futebol-japones.html
クルゼイロからバイーアにレンタル中のボランチ、ソウザにセレッソがオファーしているとの報道が現地であった模様。

http://www.transfermarkt.co.uk/souza/profil/spieler/107259
183㎝で右利きの27歳のブラジル人。
去年の成績は2部で27試合、3得点、1アシスト、3退場
て、3退場ってww

動画はこちら。


いきなり削られるシーンから始まるとか斬新な・・・w
ガツガツくる相手にいなすというよりバランス崩しながら耐えてキープしてパスというシーンが多い。
こういった接触プレーの中でカード貰ってるんですかね。
Transfermrktの出場記録を見ていると後半にカードが多く、
退場は1発もありますが、警告2枚での退場の方が多いです。
スタミナがなくなってきたころに貰いやすくなっている?

http://www.sambafoot.com/en/news/78292_cruzeiro_duo_joel_and_souza_can_go_to_asia.html
契約は2016年末まであり、記事を見ているとレンタルオファーのようです。
この記事を見る限りはまだ確定してないようですが、
スポーツディレクターのコメントでは日本に行く可能性はあるとあります。

なお、移籍先がお隣になっている記事もあるようですが、正直よくわかりません。
今のところセレッソとある記事の方が多く、お隣の名前が出ているのはこの記事だけということは付け加えておきます。

12/9追記
なんとFC大阪説も出てきました。
ブラジル人適当すぎるやろww

J2残留翌日の移籍動向  

ご存知の通り、セレッソ大阪はPO決勝に引き分け、J2残留となりました。
今季は育成型クラブの看板を無視してでも上がることを優先してきましたが、
その結果上がれなかったというのはセレッソにとって非常にまずいことです。
若手が育たずスポンサーが逃げ、選手も引き抜きの声がかかったりと、
他サポやメディアが期待する大量移籍もありえる状況です。
恐らく来季はいろいろ変化がありそうです。
今回は、現状の編成の動きについて整理してみます。
なお練習生情報とかソースのない噂レベルのことは書きません。
報道やツイッター・Facebookに載っていることだけ載せます。

まず大きなトピックスとしてはセカンドチームの発足。
数年前からこれを意識してきているセレッソは、今年の新人と来年の新人、
そしてU23世代が全部残る(GK2人は数に入れず)として14名は確保済です。
ただ、これがあるためにトップチームに大量の若手を使うという考え方はできなそうで、
もしそうするならもっと必要ですし、ユースから借りてくる必要もあるかもしれません。
個人的にはよそから借りてくるなり獲ってくるなりもしたいところですが・・・。
(TCの規約を見つつ呟く)

また、特別指定には3か月で20日の活動期間がないと延長できないというルールがあり、
現在特別指定となっている選手がこれを満たしているかどうかわからないという事情もあります。
現状GKが特別指定とユースの2種登録ですが、特別指定のGKは20日間活動していたか不明なのと、
ユースのGKは何もアナウンスがないことから、来季の動向はまだちょっとわかりません。
OAのGKを出すのかもしれませんが、U23世代のGKは何か動きがあるかもしれません。


<外国人>
現状パブロ・エジミウソン・マグノ・キムジンヒョンの4人です。
このうちエジミウソンはマイセレのコメントを見ると延長はなさそうな?
また、マグノはFACEBOOKやTwitterでお別れともとれるコメントをしています。
この2人は水曜に出国ということで、それまでに何かあるかもしれません。
パブロについてはこの2人と別の飛行機で帰国と、ちょっと扱いが違いますが果たして。

キムジンヒョンについて。
今年28歳の彼については兵役があるとかないとかいろいろ話がありますが、そのリスクはまだ残っています。
それに加え、J2残留ということで他からの引き抜きのリスクも高まりました。

http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=soccer&ctg=news&mod=read&office_id=382&article_id=0000430011
※韓国語注意

このオフに川崎と神戸が韓国代表クラスのGKを獲ろうとしています。
Kリーグでは国産GKの育成のため、外国人GKが登録できないらしいです。
2人とも決まりそうな雰囲気の上、直接兵役にいったり引退したりとリーグ全体でGK枠が4つ空きます。
これによりKリーグ内ではGK市場が混乱していて、Jに目を向けるところもありそうです。
個人的にはそれなら回り道せずに前から言っている欧州移籍にいくんじゃないかとは思いますが、
一応書いておきます。

最後にもう1枠について。
今年は提携国枠orC契約枠or在日枠が1つ空いていました。
ただ、セカンドチームができたことにより、トップチームではリスクが大きい選手をそこで使えるようになります。
OA枠3つに入る選手ではなく、U23の選手としていい素材を連れてくるというのはあり得る話です。
(J3の外国人は2枠+提携国枠1でしたっけ)
真司が入ってきたころのTM50でC契約ブラジル人を入れていましたが、
その再来を狙う可能性はあると思います。


こういった状況を踏まえて残留決定後の報道を見てみます

<サンスポ>
“残り3分”長居の悲劇…C大阪、まさかの同点被弾でJ1復帰消えた
http://www.sanspo.com/soccer/news/20151207/jle15120705030003-n3.html

J1復帰を逃したことで、山口、玉田、DF扇原、韓国代表GK金ら大量の選手が退団する可能性が出てきた。山口は来季について「それは今…」と言葉を濁したが欧州の複数のクラブが関心を示している。36歳のベテランMF橋本も「僕は(試合に)ずっと出ていないので」と話しており、退団が濃厚だ。

多くの名前が出ていますが、よく見ると可能性を書いただけです。
ただ、唯一橋本を退団濃厚としています。
こちらは他の報道待ちでしょうか。

<スポニチ>
C大阪 主力大量流出も…蛍 海外移籍に向け会談へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151207-00000000-spnannex-socc
スポニチのみ書きましたが、ニッカン・報知も大きくは変わりません。
内容としては海外移籍について言及するもので、
本人は何も言っていませんが記事になっているパターンです。

C大阪 大熊監督続投の可能性浮上 玉田社長「考えます」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/12/07/kiji/K20151207011641470.html
リーグ戦残り1試合の時点で就任した大熊清監督は今季限定の予定だったが、その後にオファーした湘南のチョウ・キジェ監督に断られたことで状況が変わった。本人の意志次第では来季の続投の可能性が浮上。外部招へいも含めて検討に入る。
注目の監督の動向ですが、大熊清GMの続投もあり得るとの記事が出ていました。
でも、その場合ってGMの後釜が必要になってくるんですが、すぐに任せられる人というと・・・いるけどないか。
ただよく見ると、単に白紙になったので、可能性は排除しないというコメントにも見えます。
おそらくJ1昇格という条件で進めていた案件があったけど、
昇格がなくなったので白紙になったとかそういうことじゃないでしょうか。
あくまで想像ですけどね。

<ニッカン>
C大阪山口蛍、退団も 「ハノーバー興味」と代理人
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1576054.html
ニッカンは代理人のクロート氏のコメントで「ハノーバーが興味」と打っています。

<デイリー>
大熊監督・弟がC大阪U23監督へ
http://www.daily.co.jp/soccer/2015/12/07/0008626523.shtml

セカンドチームの監督が大熊裕司氏になるようです。
小菊さんという説もありましたが、
個人的には大熊兄後の強化部を担う人材を育てることも必要になるので、
そちら方面に行くのかなとも思っています。
大熊裕司氏がセカンドチームの監督になるということは、素直に考えれば今のユース路線になりそうな気もしますが果たして。


さて、この日出てきた情報をまとめてみると、選手の動向については何ら具体的な話はありません。
蛍のハノーバーが興味と橋本の退団濃厚ぐらいでしょうか。それも1紙だけ。
恐らく昇格するかどうか決まるまで様子を見ていたか、
昇格したとしても獲りに来るくらい本気で欲しいという話がなかったということ。
多分くるとすればこれからなんでしょう。
狩られる方の話ばかりですが、狩る方の話は今のところなし。
シーズン中に大黒と曜一朗の話がありましたが、今のところ続報なし。
これからどうなりますか。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Tag

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム