0 Comments
今日、いろいろ流れていました黄善洪(ファンソンホン/ファンソノン:通称ファンセ)の記事を整理してみます。

まず、この記事
http://www.sportsseoul.com/news/read/310019

・今季で浦項を去る
・浦項球団と自分が変化を必要とする時点であると判断した
・退団後は勉強のため最大2年をめどに充電する
・セレッソにもそれを伝えた(ここは機械翻訳ではちょっとあやふや)

これを言っているのは「浦項事情に明るいたサッカー関係者」とのことで、
今流れているニュースのほとんどがこれを元にしています。

つぎにこれ
http://news.donga.com/Sports/3/05/20151026/74414918/1
こちらは球団側が否定したとのこと。
「何も決まってない」と言っていますが、
これについては現時点では本当にそうなんでしょうから、そう言うしかないなという印象。

3つ目。
http://news.joins.com/article/18938577
こちらはファンセの代理人であるIvansportsの代表を電話取材した記事。
・1か月前に充電したいとクラブに伝えた
・これを言ったのは正式な交渉のテーブルではない
・自分が退いた後に他の人と話をすることを配慮して伝えた
・球団側は「シーズン中だから終わってから話をしよう」と提案
・代表はセレッソの噂についても話した
・アウトゥオリとうまくいってないので次期監督候補1位だったのは正しい
・但しファンセは充電の意思が強いと釘を刺した(これはセレッソに対してか記者に対してかニュアンス的に不明)
・プランBで他の監督を探していると言われている(ここは代表の言葉ではない可能性あり)

最後はこれ
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/10/26/0200000000AKR20151026189200007.HTML?from=search
これもIvansportsの代表の電話取材。
・クラブは継続会話をしようとしている
・ラブコールを送ってきているセレッソにはこれまで明確な答えを出さなかった
・再契約の意思を明確にしていない
・事実上決別だろうという見方が優勢



3つ目の記事が一番詳しいでしょうか。
ファンセは退団・充電の意思を伝えている、
クラブ側は継続したいけど明確に意思を示さず、シーズン後に話をすることを望んでいる。
といったところ。
セレッソについては微妙なところで、
充電の意思が強いという話だと断られた可能性も高そうな。
となると、他にいけるこの時期に結果がわかったというのはまだマシかもしれません。
候補としては城福氏・曺貴裁氏辺りが出てきそうですが、
前者は清水とFC東京、後者はFC東京の名前が出ています。
なお、曺貴裁の古巣の柏は、今朝ブラジル人のミルトン・メンデス氏の名前が出てきているようです。

一応去年名前があがった監督候補と、そのクラブの現状を示してこの記事を終わります。

黄善洪:浦項(ACL出場権争い)
ユンジョンファン:蔚山(7ー12位決定リーグ行き※)
ファリアス:タイプレミアリーグSuphanburi(去年6位で今7位)
ネルシーニョ:神戸(残留)
ジョルジーニョ:バスコダガマ(セリエA最下位)
森下:鳥栖(残留)

※Kリーグはリーグ戦の最後の方を順位の上位・下位にわけてリーグ戦を行い、
そこの結果で順位が決まる(スプリット制)。
蔚山はこの制度が始まって初めての下位リーグ行き。
スポンサーサイト
ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply