FC2ブログ

0 Comments
京都来季監督にチョウ・キジェ氏決定的 新潟、C大阪などに断り
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/11/28/kiji/K20151128011589290.html

C大阪、フィッカデンティ監督浮上 すでに水面下で接触済み
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/11/28/kiji/K20151128011589290.html

急展開すぎて何が何だか(苦笑)

簡単にまとめますと、
・チョウキジェ氏はC大阪のオファーを断って京都行き
・C大阪はマッシモ・フィッカデンティ氏と水面下で接触
・C大阪はレヴィー・クルピとも接触
といった内容。

チョウキジェ氏については、
前の記事を書いたときに
・若手を鍛えて走れる選手を使う
・あれ?セカンドチームができて、大量に引き上げるとかは無理やん
という懸念はありました。(その場合、ユースからあげるんでしょうけどね)
他にも結構選手の入れ替えが必要になりそうで、そこを敬遠されたのかもしれません。
また、J1に上がっても残留しても即結果が求められるのに対し、
あちらはじっくり待ってくれそうな雰囲気はあります。
そういった点から京都を選んだんでしょうか。

さて、フィッカデンティ氏について。彼はサッカーダイジェストの覆面座談会で
・FC東京を退任するようだ
・フィッカデンティ氏も身の振り方を考えている
・噂ではC大阪・神戸・名古屋・川崎
と言われていて、この話が具体化してきたともとれます。

先日書いた記事にもあるように、セレッソの監督はOB路線。
チョウキジェ氏がダメなら、他には田坂氏くらいしか直近のJの経験者がいなくなります。
(彼は1年で2チームの降格に(経緯はどうあれ)関わっちゃい、さすがにね・・・)
となると、その路線をあきらめたともとれます。
ただ、レヴィーの件をどう見るか。個人的にはホンマなんかな?とも思います。

現在のセレッソ関連の記事を見ていると
ニッカン:フロントサイドからのリークが多め
スポニチ:内部や代理人サイドからからのリークが多い?
といった印象。
チョウキジェ氏の件が最初に出てきたのがニッカンで、
アウトゥオリ監督の辞任騒動をすっぱ抜いたのがスポニチと、
騒動の際の立場とかで、サポも感じているでしょう。
ただ、レヴィーの件は例の地元記者が「可能性」で語った件が独り歩きしている感が大きいです。
スポニチのソースの「関係者」がどの方面かによって信憑性は変わってきそうです。

ちなみにレヴィーの動向(想像)はここに関連する記事があります。
http://qoly.jp/2015/11/28/levir-culpi-future?part=2
これによると、日本行きはちょっと無理目で、J2残留になって助けたいと思ったパターンならあるかもという論調です。
もちろんこれはあくまで記者の想像なんで、実際はわかりませんが。

さてフィッカデンティ氏に話を戻します。
FC東京サポの声を拾ってみた印象としては
・433
・イタリア的なサッカー
・攻撃の構築ができない
・相手のシステムへの対応力は流石
・反面、人やシステムがコロコロ変わって熟成が難しい
といったところです。

耐えてセットプレーやカウンターでゴールをもぎ取って勝ち点を拾う。
考えてみると、セレッソは曜一朗のいた2013年とかはカウンターで量産できていたし、
昔は桜エビなんて揶揄されていたくらいのクラブ。
そういった方面に整備できて勝ち点が拾えてれば、案外受け入れる素地があると思うんだけど、
真司・乾のいた頃の輝きが忘れられないのか、結構拒否反応も大きいです。
時間はかかりそうだけど、欧州基準の守備が仕込めるのは大きいと思います。
ただ、今の得点不足や問題点そのままでは厳しいのも確か。そこをどうするのか。

と、ここまで書いてきたけど、ソースはスポニチ。
しかも他にも新潟や湘南の監督についても出して来たりとスポニチの動きが激しい。
・・・とりあえず別ソース待ちですかねぇw
水面下で終わることもあるでしょうし。
スポンサーサイト
ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply