0 Comments
今回は外国人選手が日本に来る場合の流れについて簡単に触れようと思います。
基本的に、選手の移籍に関しては次のような流れになります。

・選手・クラブ間で合意
・メディカルチェック
・正式契約

メディカルチェックについては詳細はわかりません。
ただ、クラブがその選手に肉体的な問題がないかという確認でしょうから、
クラブがある基準を持っていて、それをクリアするかどうかという確認になると思います。
判断する上で、その判断基準が計測環境でぶれるというのもあまりよくありません。
そういうわけで、自クラブ内の施設で行う事になっていると思われます。


外国人選手が日本に移籍してくる際、就業ビザが必要になります。
今までのケースだとビザが発給されてから来日し、
メディカルチェックを終えて正式契約、公式発表となります。
セレッソの場合、これが終わった後にHPで発表という形になるので、
報道が出てもなかなか発表されずにヤキモキすることが多々あります(苦笑)。



http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/chouki/

ここによると、就業ビザは職業によって色々違うらしく、
サッカー選手の場合は興行になります。


http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/nagare/chouki.html

ビザの申請から発給までの流れはこんな感じ。
選手側は居住地の近くの大使館/総領事館に申請し、
クラブ側は地方入国管理局に在留資格認定証明書の交付を申請する。

http://working-visa.net/service/eligibility.html
ただ、ここによると在留資格認定証明書は
選手側が日本在外公館(大使館・領事館)へ行って査証申請を行う方法もあるようで、
その場合は即日発行のケースもあるとか。
但し日本に確認するケースではかなり遅くなるようで、
フォルランのセレッソ移籍の際に大使の協力で期間短縮したらしい件はこの部分かもしれません。



http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tetsuzuki/nissu.html

ビザ自体の発給には基本的に5営業日。
土日が休みとすると丸一週間になります。


整理すると、就労ビザは最短1週間で取得でき、それを待って来日。
メディカルチェックを行って正式契約になるという流れです。
ブランキーニョ獲得の時は、日本時間の2012/1/22(日曜)の朝にブラジルで移籍報道があり、2/1に来日。
現地1/23(日本の1/24?)に申請で土日をはさんで1/30に発給、
そこから日本に飛んで2/1に合流。
計算は合いそうで、この辺りが基準になるでしょうか。
スポンサーサイト
ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply