FC2ブログ

0 Comments
Jリーグが例のウイルス騒動で中断になっている中、桜スタジアムの建設は着々と進んでいるようです。今回は桜スタジアム関連の話をいくつか。


新パースの公開)
桜スタジアム最新パース公開:桜スタジアムプロジェクトHP2020/02/07
20200313200500a71.jpg 

20200313200458b68.jpg 

桜スタジアムのメインスタンドからピッチを見たものと、スカイラウンジの絵が出ました。サポコンで公開されたもののようです。スカイラウンジの絵でピッチの向こうがヤンマースタジアムだったり透け透けのお姉さんが目立つのが気になります。
  

スポーツ庁広報マガジンの事例紹介)
スポーツ施設による新たな価値創造に向けて〜スタジアム・アリーナ改革:スポーツ庁 Web広報マガジン3/4
スポーツ庁の広報マガジン・Deportareの『スポーツ施設のストックマネジメント及びスタジアム・アリーナ改革合同全国セミナー』の第10回に桜スタジアムの事例が掲載されています。これによると、

・業務代行料を0円にすることを条件に、2021年から30年間の指定管理を受ける予定
・一般社団法人セレッソ大阪SCが施設命名権を獲得
・スタジアムの広告収入を自主財源化できる
・民間投資前提の公園管理の導入を大阪市が予定
・長居公園全体での採算性も視野に入れた運営の検討

などの方針が示されています。


プレキャスト工法とは?)
吹田スタジアムで話題になったプレキャスト工法。日本国土開発株式会社に記事がありましたので載せておきます。

プレキャストコンクリート(PCa)工法

要は工場で部品を作って現場で組み立てる部分を多くすることにより、現場の工数と技術者の割り振りが少なくて済みコストが抑えられるというもの。秀吉が作った墨俣の一夜城(川の上流で部品を作って、川に流して現地で一晩で組み立てたという逸話があります)の現代版といえばわかりやすいでしょうか。

プレキャストコンクリート(PC工法)6つのメリットと5つのデメリット:外装塗装の達人
メリットとしては工期・コスト、デメリットとしては部品の輸送費・接合部分の強度のようです。


2/22時点の工事の様子)
2020031301.jpg

2/22のルヴァンカップ大分戦の日に撮った写真。ホームゴール裏と旧バックスタンドが少しづつ出来てきています。昔のサポコンか何かの資料によると、ホームゴール裏スタンドの下(傘をさしている人の向こう)にコンビニができるはずです。

2020031302.jpg 

JR阪和線とスタンドを一つの写真に撮ったもの。完成後はここが道路(車両通行禁止)になります。

2020031303.jpg 

ヤンマースタジアムの上の方から桜スタジアムのホームゴール裏スタンドを撮った写真。スタンドの骨組と屋根の支柱ができています。スタンドの下は掘り下げて、屋根の柱部分を固めているところのようです。


スポンサーサイト



ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply