0 Comments
先日の天皇杯3回戦ですが、選手登録についてこんな報道が。

【横浜M】ラフィーニャ、登録ミスで20日天皇杯出られない!
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20140819-OHT1T50241.html

どうも7/2が天皇杯3回戦までの選手登録期限だったようで、
横浜Fマリノスのラフィーニャ選手が登録できていなかったとか。
セレッソも同じような理由で平野とソンジュンが出場できず。
天皇杯の登録レギュレーションは詳しく知らないのですが、
こういう登録期限もあるんですねというお話でした。
ちなみに4回戦以降は今後登録できるので、
磐田戦は平野もソンジュンも出場可能なはずです。


なお、これとは別にノックアウト方式の大会では複数チームで出場できないという規定もあります。
「カップタイド」と言えば聞いたことがあるでしょうか。

これを許せばカップ戦に負けたチームから選手を買い漁って、
決勝は全然違うチームとかもありえちゃいますよね。
例えば新潟から名古屋に移籍した川又選手なんかは、
新潟で2回戦に出場しているので名古屋では出れないと。

なお、海外では国内移籍を阻止するための策としてあえて大会に出すこともあるようです。
もちろん、新潟のフロントがここまで考えてそうしたかについてはわかりません。
ただ、意図的にやったと言われれば凄く納得しちゃうよなぁ。


また、名古屋については特別指定の大武選手についてややこしい話が。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00177444.html
>特別指定選手の大武峻は、天皇杯では同制度の適用がないためそもそもの頭数に入っていない。

http://www.jfa.jp/youth_development/honor_players/
こちらのJFAの資料によると、特別指定制度の対象大会には天皇杯が入っていません。
(活動対象試合の辺り参照)
つまり、大武は名古屋の選手として天皇杯には出れないことになります。

私も知りませんでしたが、こういう話もあるということで、
今後のための知識としてまとめておきました。
スポンサーサイト
ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply