FC2ブログ

0 Comments
現時点での情報をまとめてみます。

監督)
黄善洪:ライセンス問題?で破談。浦項留任
ユンジョンファン:蔚山就任
城福氏:U18監督就任濃厚→甲府がオファー
セルジオ・ファリアス(浦項でACL制覇):最有力との話も、アウトゥオリにスライドした模様。
ネルシーニョ:中国・神戸行きの噂あり
ジョルジーニョ:?
レヴィークルピ:アトレチコ留任
森下:セレッソ濃厚(但しコーチとして)
大熊兄:セレッソGM内定
大熊弟:アカデミー復帰が既定路線も、セカンドチームを見るとの話あり
アウトゥオリ:大熊兄がブラジルへ交渉にいった模様


色々ありましたが、現状アウトゥオリと交渉する模様。
この人選の推移をみて「迷走している」という人もいますが、
前フロントが無茶苦茶やったのが広く知られたり最近のネガキャン記事まであって、
フロントが一新したからといってイメージが良くない状態では非常に難しいです。
それでも今日から選手との交渉なので、ある程度の道筋は立てておきたいところ。
横浜Fマリノスみたいに、選手達とは途中経過で話をするということも視野に入れているでしょう。

なお、本日のスポーツ紙の情報によると、本日大熊兄GM(予定)がブラジルに飛ぶ模様
ということは、今日は移動で潰れるとして明日以降に交渉。
即日決まるとは思えないので、結果が出るのは明後日以降でしょうか。

その最有力候補のアウトゥオリについては、朝日新聞のこの記事が参考になるかと。
http://www.asahi.com/sports/column/TKY200604270181.html
今季から鹿島を率いる49歳のブラジル人。
6季続いたトニーニョ・セレーゾ前監督と比べ、選手たちの評は一様に「指導がきめ細かい」。
点差や地域、時間帯に応じていくつもの戦い方をチームに落とし込んでいる最中だ。

まさに今のうちに足りなかった部分ですよね。
ただ、こういう部分が結果につながってくるのには時間がかかりそう。
結果を求めるブラジルで早期に退陣しているのはこのあたりが原因か、
あるいは自由を奪っていると反発しているんじゃ?とも。
これはうちの監督になった場合でも同じで、サポやクラブが我慢できるのかは気になります。

なお、アウトゥオリにはエジプト代表も目を付けているようです。
もっとも、エジプト代表では数ある候補の中の一人で、最有力ってわけでもないようですが。
ちなみにカタール代表をしていた時の年俸が360万ユーロ。
ユーロ・円が149円ぐらいなんで、大体5.36億円。
中東価格だしブラジルでも何度か短期解雇されてるので、
もう少し下がってくるとは思いますが、今日の報知では相場は3億円ぐらいだとか。

それにしてもアウトゥオリが去ったクラブをレヴィーが立て直してタイトル獲るとは皮肉ですね。
「レヴィーがタイトル獲れなかったクラブでタイトル獲ってみないか?」
なんて口説いてるんですかねw



在籍選手動向)
龍:残留宣言報道あり
山下:残りたいという報道あり
ジンヒョン:韓国代表招集時の韓国メディアの報道で、降格しても残るとのコメントあり
丸橋:鹿島オファー
タカ:神戸オファー
健勇:川崎オファー
山下:浦和が興味
フォルラン:ペルーとウルグアイのクラブから話がある。今週来週で方向性がわかりそう?
カカウ:契約を全うする・残る的な報道あり
その他:クラブとしては国内移籍は阻止。海外は容認。

表に出ているのはこの辺り。
まずはクラブの話を聞いてからという選手が多い。
これは今年のフロントに相当不信感があるからなんでしょうね。

今日のサカダイにもありますが、
今年のセレッソは社長兼GM兼強化部長という異常な指揮系統になっていたことと、
それを取り仕切っていた社長が編成については素人だったのが混乱の大元。
ただ、その不信感のあったフロントは一新しています。
ファン感の挨拶が社長じゃなかったように、
表に出ているのは宮本さんで「権限をあるべき姿に戻す」と宣言しています。
ここはまず認識してもらいたいです。

しかし、選手としては「膿を取り除いたけど今度は大丈夫か?」と警戒するのは当然のことで
新監督の人選やクラブの考え方については敏感になっている様子。
それでも、まずは話を聞いてみようとなってるだけ、まだ希望は残っているのかなと。

選手個人に目をむけてみます。
個人的には山下についてはあまり心配していません。
ファン感のトークイベントでも残りたい的なことを言ってたみたいですし。

カカウ・フォルランについてはクラブ的には残すとのコメントがありました。
それがポーズなのか駆け引きなのかはわかりませんが、
もし残すなら彼らをどう活かすのかを考えるべき。
そこを他の選手達も見ているはずで、間違えれば大量流出もありえる状況。
さすがに新強化部もわかってるはずなんで、なんらかの考えが示されるはずですけどね。

あと上には書かなかったソンジュンについての情報を1つ。
この記事によると、彼は来年夏までではなく12月までレンタル契約があるとのこと。
http://www.besteleven.com/Country/news_01_view.asp?iBoard=6&iIDX=66734
6末までの契約だけど自動延長オプションがあるという、フォルラン形式なんでしょうか。


加入の噂)
大久保嘉人→神戸・FC東京・川崎と競合も、川崎残留確定
家長→正式オファー。他に神戸が正式オファー、隣が興味。
エトー:某有名ジャーナリストがセレッソもあるよ的な発言→宮本さんが完全否定
茂庭:清水とセレッソが興味(タイ現地メディアの報道)

表に出ているのはこの辺り。
人数が少ないですが、それは現有戦力の引き止めを最優先としているからでしょうか。

嘉人については1億2000万でオファーでしたっけ。
金額はNo1と、結構ガッツリ行ってて驚きました。
エトーについては踊る暇もなく宮本さんの否定記事が出てしまって、
「もーちょい踊らせろ!」な空気が物凄くツボでお腹一杯でした。君らw

あと表に出ているのは家長ぐらいですが、
大宮へは単身赴任なんて噂もあり、大宮を出る可能性はなくはないようです。
ただ、同じカテゴリーのうちに戻ってくるのか?という疑問もあり、
隣が乗り出してくるとどうなるかという部分もあり、なんとも言えません。
どちらにしても早めに結論を出して欲しいところ。

茂庭については、バンコクグラスFCとの契約は非更新となっています。
タイからの帰国後に舞洲で毎日練習していたように、戻ってくる可能性は十分あります。
(それがコーチなのか現役選手としてかはわかりませんが。)

新人)
新人については今日の報知で名前が出ました。
FW前川大河、MF阪本将基、沖野将基、西本雅崇、DF温井駿斗がU18から昇格。
5人も入るとその分抜けるのでは?という勘ぐりもありますが、
来季からセレッソはセカンドチームを運営するらしく、
その絡みで多めに獲っているのではという話も。

そして同じ記事に、実は10月頭ぐらいに練習参加していて一部ではかなり期待されていた、
神戸U18米澤令衣も獲得との記載が。
プレミアWestの2年連続得点王で、ユース世代を見ている人の話では素材はピカイチとか。
プレースタイルとしては足がかなり早く、
快速ドリブルに鋭いカットイン、そして打点の高いヘディングと、
かなり使えそうな雰囲気。

エンジ色の10番。4ゴールしてます
公式記録
http://www.j-league.or.jp/youth/2014/pdf/20141108_z_01.pdf

神戸としては彼以上にユース世代で結果を残してきた松岡があまりぱっとしなかったり、
前線は外人や補強であまり出番がなさそうという状況でもあり、
東福岡のCロナとも言われている増山を獲得できたこともあり、
トップ昇格を見送ったらしいとの見方があります。
トップ昇格しないということは、優先交渉権がなくなったということで、
他チームとの交渉ができることになり、そこをセレッソが掻っ攫ったという状況。
セレッソとしては、強奪とかそういうのじゃなくて神戸がいらないというから獲ったまでのこと。
元々堺のリップエース所属だったことも有利だったんでしょうね。

ちなみによそのユース出身の選手達の場合、トレーニング補償(いわゆるTC)が請求されるのですが、
J1では在籍年数x800万円、J2では400万円と半額になります。
神戸U18には3年在籍していたということで1200万円の出費となりましたが、全然安いもんです。

一応愛媛の練習にも参加していて、先日愛媛の監督に神戸にいたコーチが就任したということで、
一部ではそこに行くという展開も懸念されていましたが、
その前に話が出来ていたのかセレッソ入りということに。
セレッソとしては非常にうまくやったなという印象。

ちなみに彼を引っ張ってきたのは鳥栖→仙台と渡り歩いてきた都丸スカウトという噂。
http://news.livedoor.com/article/detail/5981803/
http://news.livedoor.com/article/detail/6217225/
この辺りに彼に関する記事があります。

手倉森監督は都丸スカウトについて
「都丸自身がプロの資質としてパーソナリティを重要視している。
そこが間違いないからこそ練習参加させて、口説いて契約までこぎつける。
彼は一人一人の分析が正しく、連れてくる選手はまず間違いない。
特長があって人間的に間違いない子を連れてくる。
今の一体感ある仙台のトップチームに見合う選手かどうかが大事だと感じてくれている」
と語る。


このスカウトが今年からセレッソに来ていた模様。
実はこの情報は夏ぐらいに聞いていて、密かに注目していました。
ちなみに仙台の場合は武藤とか二見とかが彼の功績だと聞いています。

その他の新人については今の所アナウンスはありません。
一気に6人の名前が出てきたことで、ここで打ち止めなんかな?という気もしますが、
セカンドチームの絡みでいうと、もうちょっと人数がいてもいい気がするのも確か。

12/10追加)
本日夕方に新人6人の発表がありました。
そして更に三菱養和SCユースの池田樹雷人も追加で発表されていました。
彼は左利きのCB。身長も結構あるようで、なかなか楽しみな選手です。
数年後、池田・庄司のDFラインとかなってるかもしれませんね。
http://www.soccer-king.jp/news/youthstudent/20140405/180028.html

池田君は赤の5番(キャプテンマーク)

とりあえず表に出ている話はこんなところです。
スポンサーサイト
ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply