FC2ブログ

0 Comments
さてこのオフはかなり移籍が活発になっています。
降格クラブの選手に魅力のある選手が多いことや、
特定の代理人担当の選手が引き上げにかかってるなんて噂もあるようですが、
移籍制度において以下のような大きな変更があったのも影響しているのではないでしょうか。


代理人資格制を来年3月廃止 新制度は「仲介人」登録義務化
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20141016-OHT1T50285.html
日本サッカー協会は16日、選手の移籍や契約交渉に関わる代理人の資格認定制度を来年3月で廃止し、
同様の業務をする「仲介人」の登録を選手とクラブに義務づける新制度を創設すると発表した。
国際サッカー連盟(FIFA)の代理人規則の廃止に伴う改正で、来年4月1日に新制度へ移行する。



第三者の選手保有禁止、来年5月から=FIFA
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122000110&g=spo
国際サッカー連盟(FIFA)は19日、モロッコのマラケシュで理事会を開き、
選手の保有権を所属クラブ以外の第三者が持つことを来年5月から禁止することを決めた。
現在の契約に付随する第三者保有については契約終了まで認め、
来年1月から4月までに結んだ契約に関しては1年間まで第三者保有を認める。



一つ目のニュースについては、FIFAも同様な変更があり、それを日本が取り入れた形。
まだどういう影響があるかわかりませんが、
芸能プロダクションが新規参入しようとしていたりと、競争も激しくなりそうです。
そうなると既存の顧客(選手)を逃さない・他へのアピールのために、
選手の移籍や年俸の吊り上げなど、動きが活発になっているのではないでしょうか。

2つ目については、選手の保有権を第3者が持つことにより、
後の高額移籍時に配当を受け取るというシステムがあるようです。
これによって選手の移籍やクラブの方針に口を出すなんてこともあるようで、
その辺の解消のためにこういったことになったようです。
主に南米系の選手に多いのですが、これも来期以降はできなくなります。

どちらも現制度ではこの冬が最後になるため、
代理人サイドが最後の駆け込みで色々やってるようにも見えます。
そういった目で見ると、移籍の流れも色々見えてくるかもしれません。
スポンサーサイト
ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply