FC2ブログ

0 Comments
さて、ある程度陣容が固まってきたようです。
ここで一度整理してみましょう。
今回は全体的な選手の入れ替わりの話をして、
後でポジション別の話をする予定です。

移籍) 南野・杉本・平野・クソンユン
引退) 新井場

フォルラン・カカウ・蛍・タカ・アーリアが未確定ですが、彼らも残留を前提として調整中の模様。
草刈場になりそうと他サポは色めき立っていましたが、
蓋を開けてみれば主力で抜けたのは南野・杉本ぐらい。
これは宮本強化本部長の手腕によるところが大きいです。
彼がいなかったらホントどうなってたか・・・

南野・杉本についてはTC、南野については移籍金を残しての完全移籍。
杉本についてはTCを貰える最終年ということで、
クラブにお金を残して移籍するならここしかないというタイミングではあります。
まぁ移籍金も残していって欲しかったのと、カテゴリーが上になってしまうのがアレですが。
平野については当初BECテロサーサナへは日本に残りたいといって断っているだけに意外でした。
様々なポジションができるだけに痛いところ。
クソンユンについては正式発表はまだですが、レンタルなのか完全なのかが不明。
ただ今年が3年目ということで、レンタルでも片道の可能性も。
(C契約最終年のため、契約がここまでだった場合に満了でフリー→完全移籍のパターンが考えられる)
ジンヒョンの今後が不明だけに、なんともいえないところ。

新井場については他サポが色々言っています。
・あんな時期にいきなり構想外ってふざけんな
・トライアウトも終わった時期に構想外って・・
・彼ほどの選手に冷たいな
こんな意見が色々と流れています。

まずクラブとしては11末の時点で選手になんらかの通達はしているはずです。
これは規約とかで決まっていることで、11月末ということに明確な一次ソースはありませんが、
これに似た内容はJFAの規約としてJFA公式HPで公開されています。
https://www.jfa.or.jp/jfa/rules/download/03/04.pdf
1-8②を見てもらえればわかりますが、リーグ終了5日後までに通達する必要があり、
これを守らなければJFAから怒られます。そして現状そういった話はどこからも出ていません。

さすがにこれを守らないはずはなく、この時点では更新の意思はあったと考えられます。
(もちろん金額が低いとかその他の厳しい条件があったかもしれませんが)
その後の交渉において何らかの理由で決裂し、クラブ側が構想外としたというのが一番考えられる流れでしょう。
その決裂した理由というのがクラブ側の事情なのか選手の事情なのかは現状ではわかりません。
憶測だけなら丸橋の移籍関連のとばっちりとか、
それこそクラブ側が冷たく切ったとか色々言えるかもしれませんが、現状ソースがありません。
出ているのはトライアウトも終わった年末に出た、構想外になったという記事のみ。
>新井場はこの日、大阪・舞洲のC大阪クラブハウスで契約更改交渉に臨み、その席で伝えられたとみられる。
この記事も何回目の交渉か書いてないし、
規約上シーズンオフのタイミングでなんらかの提示があるはずだけど、
それについて全く触れていないなど、ちょっとアレな記事です。

個人的には、今の強化本部長の宮本さんがそんな冷たいことをするはずがない、
去年の途中まで社長兼強化部長だった昔のセレッソとは違うと言いたいですが、
この辺は去年やらかしたフロントのイメージしかない他サポではわからないでしょうね。
いろいろ思うことはありますが、この件はこんなとこで。


加入)
DF:温井・池田・中澤・茂庭・椋原
MF:沖野・西本・阪本・米澤・関口・パブロフェリペ・橋本・小暮
FW:玉田・前川

今年からセレッソはセカンドチームを本格運営します。
セレッソアイデンティティという本を読んだ人なら思ったでしょうが、
これは香川がいたころのTM50をベースにしたやり方です。
TM50はトレーニングマッチを年間50試合するというプロジェクトで、
これで鍛えられたのが香川や山下。クラブはこれの再現を狙っているはずです。

Jはセカンドチームの運営のために今年から規約が変わりました。(詳細はこの辺り参照)
これにより下部組織に3年所属した選手はA契約25人枠にカウントしないことになります。
これで今年のセレッソは今のところ35人体制になりそうです。
(これでもA契約枠はまだ余っているというw)
新人は7人なので、これを除いたら28人でJ2を戦うことになります。


セカンドチーム以外の話題としては、
ベテラン選手を多く獲得したという点が去年とは違う部分。
残留争いでピッチの中にベテランがほとんどおらず、ズルズルいってしまっていたという苦い経験があります。
長丁場で例年よりも厳しいJ2を勝ち抜くためにもこういったベテランが必要なのは確か。
特に今年は各ポジションにベテランを配置するなど徹底してます。
気になるのは平均年齢がグッと上がってそうだなぁw
というわけでちょっと計算してみます。データはこんな感じ。
(背番号はおまけです)

ポジション 名前 背番号 年齢
GK 武田 1 31
GK キムジンヒョン 21 27
GK 丹野 27 28
DF 扇原 2 23
DF 染谷 3 28
DF 藤本 4 28
DF 安藤 16 30
DF 小谷 19 23
DF 山下 23 27
DF 温井 28 18
DF 池田 37 18
MF 長谷川 5 26
MF 山口 6 24
MF パブロ・フェリペ 7 22
MF 楠神 11 27
MF 丸橋 14 24
MF 吉野 15 25
MF 酒本 17 30
MF 中澤 22 32
MF 岡田 24 20
MF 小暮 25 20
MF 秋山 26 20
MF 前川 29 18
MF 椋原 30 25
MF 橋本 31 35
MF 関口 32 29
MF 茂庭 33 33
MF 阪本 34 18
MF 沖野 35 18
MF 米澤 36 18
MF 西本 38 18
FW 永井 9 23
FW フォルラン 10 35
FW カカウ 18 33
FW 玉田 20 34


ポジションについてはサカダイのWebで出ていたという一覧表。
年齢はWikiの選手一覧から引っ張ってきたのと、
そこにない選手はリリースとかで出ている年齢から開幕までの間に誕生日を迎えた選手は+1しようとしたぐらい。
てか、今年のメンバーは1月・2月生まれがいないので、+1する選手はいませんでしたがw

結論はと言うと2014→2015で25.11歳→25.21歳
あれ?あんまり変わらない?まぁ新人が7人も入ればそうなりますか。
スポンサーサイト
ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply