FC2ブログ

0 Comments



ヤンマーといえばセレッソの前身。
ヤンマーはサッカー・ヨットなど、スポーツを通じて企業イメージをあげようとしています。
以前セレッソがACLに出場した時、東南アジアへの露出がかなり増え、
それに味をしめてサッカーをうまく商売に結びつけようと動いているといいます。
昔でいうとブラジル方面への売り込みにおいてもいろいろメリットがあったでしょうし、
最近ではマンチェスターユナイテッドへのスポンサードで欧州進出したのも記憶にあります。
そして、次の市場として目をつけたのは北米。

NYレッドブルズ、ヤンマーと“クラブ史上最大”のパートナー契約を締結
http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150323/294245.html

メジャーリーグサッカー(MLS)のNYレッドブルズとのパートナー契約。
レッドブルはあの拓実が移籍したザルツブルグの親会社。
当時のメトロスターズをレッドブルが買い取ってNYレッドブルズになったようです。

ヤンマーとしては、北米市場に売り込むための足がかりとしてメリットがあります。
ご存知のようにアメリカは農業大国。
いろんな農機具を売る上で、この市場は相当魅力があります。

契約期間、金額とかは公表されてませんが、
話によると「7桁」とのこと。
北米なんでおそらく$。億単位の金が動いているようです。

MLSの各クラブの経営規模規模としては、大体10〜50億円。
Jとそんなに変わりません。
ちなみに2013年のNYレッドブルズの収入は約2750万ドル。
大体25〜30億円くらいでしょうか。
ここにどれだけぶっこんだのかはわかりませんが、
少なくとも億単位の金をぶっこんでます。

レッドブル、MLSから撤退か…NYレッドブルズとスタジアムを売却へ
http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20141002/238109.html
ただこのレッドブルズ、去年の10月にはレッドブルが撤退?なんて話もあったようです。
どうもレッドブルの経営不振でスポーツ部門への投資を下げたかったとかで、
拓実のいるザルツブルグの方に予算を割り振る方向なようです。
アンリが退団したのもこの絡みなようで、
ヤンマーが目をつけたのも、ここらへんの事情がありそうです。
さすがにこの記事にある3億ドルをぶっ込んでクラブを買うということはないとは思いますが。


よく言われているのがマンチェスターシティとマリノスの関係。
あれはプレミアの「クラブ」が日本に現地法人を作っているというように、
大きな資本を外国に投下して経営に関わろうというもの。
今回の話はスポンサー企業が外国のクラブに資本を投下するということで、
シティの件とは少し意味合いが違います。

ただ、今回の会見に出ていたのが、
セレッソの非常勤の取締役であるヤンマーの人だということ。
もちろん同じような立場なんで行っただけという見方もできますが、

「んなわけあれへんやろー」

という印象。
現状は単なるスポンサーでしょうが、
選手・スタッフや下部組織の交流、MLSの情報収集など、やれることは一杯あるはず。
さて、何を企んでいるのやら。

とかいってると、今日大きなリリースが。
http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10015447&contents_code=100100100
元鹿島で、海外挑戦をするということで神戸との契約を延長しなかった田代有三がセレッソ入り。
って、えぇぇぇぇぇぇぇぇwwwwwwwww
ジンヒョン後ろ後ろのあれで有名な田代かいなww


色々調べてみると、アウトゥオリが指揮した時にお気に入りだったそうで、
そちらのルートぽいなぁという印象。
ただ、ここで気になる情報としては、
田代は移籍に関係してMLSのニューイングランドレボリューションのキャンプに参加していたといいます。
残念ながら移籍には至らなかった模様ですが、
この辺は当然MLSのクラブのスポンサーになったヤンマーにも情報が入っていそうで、
この絡みからクラブに情報が入り、アウトゥオリとの経緯もあって話が進んだ可能性もあるなぁと。
あくまで想像ですが、ありそうな話ですよね。

スポンサーサイト
ブ口グ管理人
Posted byブ口グ管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply